風力

台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?

この夏、台風により淡路島の風車が倒壊した。根元から折れた姿に衝撃を受けた人も多いだろう。なぜ、あの風車は倒壊してしまったのか? 日本の風車の安全性について考える。

倒壊した古風車は
旧基準で建てられたもの

あの風車が設置されたのは、2002年。強大な台風など、日本の気候風土を考慮した安全基準は設けられていない時代だった。近年散見される風車事故は、同様に、古い基準だけで建てられた古い風車によるものが大半だ。

台風20号によって倒壊した淡路島の風車


出典:経済産業省
設備の概要:発電出力600kW、タワー長37m、回転径45m、最大高さ59.5m
メーカー/三菱重工業
設置者/ほくだん

一方で、いま国内で導入が進んでいる風車は、日本の自然特性を考慮した新しい規格に基づいている。そこには、国際基準よりも厳しい安全性が盛り込まれているという。

風力発電のさらなる導入拡大には、社会との共生が不可欠だ。1つの倒壊事故をもって、誤った認識を広めてはならないだろう。
同時に、新たな安全神話を紡ぎだすわけにもいかない。事実は、どこにあるのか。日本の風力発電の安全性追求の歴史を紐解いてみたい。

台風・乱流・落雷を考慮した
日本型風力発電ガイドライン

日本における風力発電の導入量は1990年代後半から伸びはじめ、2007年度末には累積167万kW、設置基数は約1400基を数えるに至っている。しかし、導入量の増加に伴い、台風(強風)や乱流(風の乱れ)、落雷など、日本ならではの課題も明らかになってきた。

こうした状況を受けて2008年、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)を中心に作成されたのが「日本型風力発電ガイドライン」だ。風力発電設備を設置する事業者を対象に、台風・乱流等の影響評価と風車の選定手法、風車タワーの設計に関する指針などが記されている。落雷に関しても、多様な雷保護対策が示され、日本での風力発電事業には欠かせないマニュアルとして役立てられてきた。

それまでの風車も国際規格を踏まえてはいたが、国際規格は主にヨーロッパの環境に照らしたものであり、日本の自然環境を考慮したものではなかった。淡路島で倒壊事故を起こした風車は、前述の通り2002年に設置されたものであり、「日本型風力発電ガイドライン」ができるより前だった。

経済産業省では「風力発電設備の工事計画審査」についての見直しも図っているが、その作業が行われたのは2016年度のことだ。倒壊した風車も、建築基準法と電気事業法に従っていたというが、今日からみれば緩い基準だったと言わざるを得ない。なお、電気事業法についても、現在、「風力発電設備の技術基準」改定に向けて検討が進められている。

~続く~


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 11月22日(木)、サングロウが新製品発表会を開催! 飯田哲也氏が基調講演!
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も
  5. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. 卒FITに関する意識調査、期間満了後どうなるのか理解しているのは4割
  8. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  9. 満充電まで3分ってホント!? 日本で電気自動車は普及するのか?
  10. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース