注目キーワード

バイオマス

全国に広がる木質バイオマス発電! 一覧地図を大公開

木質バイオマス発電の普及は日本でも進み、その未来には大きな可能性が拡がっている。今回は森のエネルギー製作所が作成した「木質バイオマス発電所一覧地図」をご紹介。

大規模な発電所は臨海部に集中

森のエネルギー研究所がまとめている「木質バイオマス発電所一覧地図」を見れば、バイオマス発電所が全国に拡がっている状況が一目瞭然だ。ページ下の上図が2017年月末時点のもの、下図が2年前の状況。たった2年でも違いは大きい。2012年月のFITスタート以降、バイオマス発電の普及にも火が着いたわけだが、その勢いには凄まじいものがある。

前出研究所の代表取締役である大場龍夫氏は、「ここで注目してほしいのは、大規模な発電所が一部の臨海部に集中していること」だという。大規模な発電所は、そのほとんどが燃料となる材を海外からの輸入に頼っている。そのため、大型船を着けやすい場所に大規模バイオマス発電所はつくられてきた。古くからコンビナートのある場所に、いまでは多くの大規模バイオマス発電所が建ち並んでいるという。

しかし、今後は「大規模な木質バイオマス発電所を新たに計画するのは難しい」とのこと。建設できる場所が減ってきていることもあるが、最大の理由は、既にFIT認定を取得している大規模案件が国の想定をはるかに超えているからだ。これからは、海外の燃料材に依存しない小規模のバイオマス発電に注目が集まっていきそうだ。

*2012年7月FIT制度施行後に稼働開始・稼働予定箇所のバイオマス発電所の近況。
*炭等との混焼を行っている場合は、木質バイオマス燃料のみの比率を推計して出力規模を掲載している。

 

Profile

大場 龍夫

森のエネルギー研究所 代表取締役


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.23より転載

 

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. ライセン、N型HJTモジュールを市場投入。PPA事業、案件開発、海外進出もサポート...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 新・自家消費時代の大本命── トライブリッドにしかできないこと
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  8. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  9. 2022年度からの「オンライン代理制御」で何が変わる?  低圧含め5エリアで開始か...
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース