バイオマス

全国が注目! 飛騨高山しぶきの湯のガス化発電

岐阜県高山市で今年4月運転を開始した「飛騨高山しぶきの湯バイオマス発電所(飛騨高山グリーンヒート合同会社)」。理想的な地産地消モデルを実現した小型高効率バイオマス発電の成功事例として全国から注目を集めている。今回はその熱電併給イメージをご紹介する。


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.23より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 沖縄本島初! 蓄電システム付き太陽光発電所完成!
  2. 急斜面でも設置可能! 太陽光発電で人気の「高強度架台」の実力とは?
  3. 世界最大級の「高効率蓄電システム」がハワイに完成、構築方法は?
  4. 水上ソーラーに注目! 全国21万ヶ所・フラットで造成不要
  5. 【2/25開催】長島彬さんのソーラーシェアリング講演会、参加受付中!
  6. “地域密着型”新電力の強さとは? 福岡県「やめエネルギー」の事例
  7. 『ソーラーアセットマネジメントアジア』開催! チケットの割引特典も
  8. 『スマートエネルギーWeek』はこう攻めろ! 最大の効果を狙うコツは?
  9. 再エネ拡大だけではない、民間新電力が目指す「人が残るまちづくり」
  10. 日本でも進む『電力シェアリングエコノミー』異業種との融合も

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース