バイオマス

全国が注目! 飛騨高山しぶきの湯のガス化発電

岐阜県高山市で今年4月運転を開始した「飛騨高山しぶきの湯バイオマス発電所(飛騨高山グリーンヒート合同会社)」。理想的な地産地消モデルを実現した小型高効率バイオマス発電の成功事例として全国から注目を集めている。今回はその熱電併給イメージをご紹介する。


取材・文/廣町公則

『SOLAR JOURNAL』vol.23より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  2. 満充電まで3分ってホント!? 日本で電気自動車は普及するのか?
  3. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  4. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も
  5. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  6. JPEA、太陽光の「主力電源化」と「2019年問題」を語る
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  9. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. 売電と自家消費を両立「次世代ソーラーシェアリング」農作物も全量買取
Jinko Solar 航天機電 ライセンエネルギー株式会社 LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース