編集部からのお知らせ

太陽光発電事業者のための「O&M講座」6/16開催!

改正FIT法施行後の太陽光発電所に求められることとは? 発電事業者必聴の実践的なO&M講座を開催します。

〈セミナーは終了しました〉

認定取り消しを回避し
O&Mの実践方法を学ぶ

4⽉に施行された改正FIT法には、新たに「太陽光発電事業として、適切な保守管理・維持管理を行うこと」が明記され、きちんと運営しないと「認定取消し」になる可能性が生まれました。

とはいえ、不必要なコストが増えるのは避けたいもの。

そこで、SOLAR JOURNALは、O&Mを学び、⾃分でできることは⾃分で⾏い、コストを押さえつつ長期安定稼働を実現させるための実践セミナーを開催します。

太陽光発電所のO&Mを事業の大きな柱とし、志の高い販売・施工業者が集う「職人革命会」の運営も行う株式会社エナジービジョンとの共催です。

本講座はこんな方にオススメ!
●「改正FIT法って何のこと?(⾃分には関係ない) 」と思った⽅
●「トラブルがあった時に対応すればいい」とお考えの⽅
●メンテナンスは全て業者まかせで費⽤が⾼いとお思いの⽅
●⾃分でできることは⾃分でやって、コストを削減したい⽅

 

講座内容 (例)

1. 既存発電所向け改正FIT法の解説
改正FIT法を分かりやすく解説します。「設備認定」から「事業認定」に変更する国の意図は?  認定取り消しにならないためのポイントを紹介。

2. これだけは知っておきたい 太陽光発電O&M
そもそもO&Mって何?  管理しない時のリスクと最低限すべきO&Mを解説。また、O&Mに必要な機器の紹介。

3. 実践! ⾃分でできるO&M
「⽇常管理」「草刈り」「⽬視点検」など、具体的な作業⽅法や、チェックポイント、グラフの⾒⽅などを伝授いたします。

参加特典として、「太陽光発電O&Mガイドブック」(定価:3,000円)を差し上げます。

太陽光発電所の効率的なO&Mに関心のある方は、ぜひご参加ください!


【開催概要】
SOLAR JOURNAL・エナジービジョン共催
できることは自分で。コストを削減するための
太陽光発電O&M講座

日時:2017年6月16日(金) 13:30~17:30(開場 13:00)
対象:太陽光発電事業者
受講料:1人 10,000円(税込)
場所:JR南新宿ビル (JR新宿駅徒歩4分、デッキで直結)
東京都渋⾕区代々⽊2-1-5

 

【問い合わせ】
ソーラージャーナル編集部 担当:大石
(株式会社アクセスインターナショナル)
TEL:03-3403-3335(平日10:00~19:00)
» お問い合わせフォーム

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 参加受付中!】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  5. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  6. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  7. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 2024年度の脱炭素ビジネス【発電側課金・脱炭素オークション・非化石価値取引】...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ