編集部からのお知らせ

アラカルトで選べるO&M支援サービス

NTTスマイルエナジーのO&M(運用・保守)支援サービス「エコめがね見守りアラカルト」が好評だ。このサービスは、太陽光の遠隔監視システムとO&M事業向け支援サービスを組み合わせたもので、太陽光発電設備の販売会社向けに提供されている。

遠隔監視「エコめがね」に
各種O&Mサービスをプラス

4月から施行された改正FIT法により、O&Mが義務化され、発電事業者(発電設備オーナー)にとっては、そのための体制構築が急務となっている。販売会社としてみれば、発電事業者に対して充実したO&Mサービスを提供することで、事業拡充の契機としたいところだ。

NTTスマイルエナジーの「エコめがね見守りアラカルト」は、同社の遠隔監視システム「エコめがね」(※)をベースに、O&Mに関する各種サービスを自由に選択し、付加できるというもの。販売会社は、同サービスと自社のサービスを組み合わせることで、充実したO&Mサービス体制を迅速に構築することが可能となる。

料金請求代行アラカルトで
事務作業もサポート


4月10日からは、従来のサービスに新たなラインナップ「料金請求代行アラカルト」が加わり、「エコめがね見守りアラカルト」は、より包括的なO&M事業向け支援サービスとなった。

同アラカルトは、O&Mサービスに関わる発電事業者への料金請求を、NTTスマイルエナジーが販売会社に代わって実施するというサービス。契約した販売会社の口座には、発電事業者への請求金額から、NTTスマイルエナジーの各種サービス利用料を差し引いた金額が振り込まれることになる。

販売会社は「料金請求代行アラカルト」を利用することで、発電事業者への定期的な請求業務と、NTTスマイルエナジーへの支払いに関わる手間を最小化することができるというわけだ。今回、料金請求代行という事務作業・顧客管理についてのサービスが加わったことで、販売会社にとって、O&M事業を強化するにあたっての負担が大幅に軽減されることは間違いない。

定期点検、駆け付けサービス
ますます拡がるラインナップ

5月末時点で利用できる「エコめがね見守りアラカルト」のサービスラインナップは以下の通り。

●料金請求代行アラカルト
(上述)

●見守り代行アラカルト
遠隔監視システム「エコめがね」による遠隔監視(発電状況、発電設備の異常見守り等)をNTTスマイルエナジーが代行し、適宜通知するサービス。

●レポートアラカルト
月次・年次で、設備の発電レポートを発行するサービス。

●オーナーIDアラカルト
発電事業者用の「エコめがね」スタートキット。

●つながるアラカルト(出力制御)
パワコンメーカー等各社の出力制御ユニット機器をサポートするサービス。通信回線の契約や機器の設置工事をすることなく、出力制御ユニットによるスケジュールの自動更新が可能。発電機会の損失を最小化することができる。

さらに、6月初旬には、下記2つのアラカルトが追加される予定だ。これにより販売会社は、主要なO&Mサービスの大半をNTTスマイルエナジーに委ねることも可能となる。

6月から追加される新アラカルト
●定期点検アラカルト
●駆け付けアラカルト

NTTスマイルエナジーでは、「今後もアラカルトのサービスラインアップをさらに充実させ、販売会社様ととともに、さらなるO&M市場の拡大と再生可能エネルギーの普及に貢献してまいります」と話している。今後の展開にも、期待が高まる。

※「エコめがね」とは、NTTスマイルエナジーが提供する太陽発電の遠隔監視システム。インターネットを通じて、太陽光発電販売会社と発電事業者(発電設備オーナー)双方で、いつでもどこでも発電量などのモニタリングができる。

 


取材・文/廣町公則

関連記事

2017/06/07 | 編集部からのお知らせ

太陽光販売会社のO&M事業をフルサポート

2018/05/02 | 編集部からのお知らせ

O&Mスペシャリストが「SmartPV」を選ぶ理由

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【受付中】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  2. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  7. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  8. 大型連休中の再エネ出力制御、8エリアで実施。エリア需要を上回る場面も...
  9. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ