編集部からのお知らせ

自動車業界4つのビッグトレンドと、そのインパクト

ハード機器において様々な破壊的イノベーションが起こる中、自動車業界においてもEV車やカーシェアリングなど、クルマの価値観に変化が起こりつつある。今回、その中でも特に注目の4つのビッグトレンドをピックアップし、期待される効果やインパクトについて予測した。

自動車の「世代交代」は
もう目前!?

近年、ハード機器が「世代交代」を余儀なくされる「破壊的イノベーション」が次々と起こっている。身近なものでは、携帯電話からスマートフォン、テレビからインターネット動画……という風に、それまでの「当たり前」がいつの間にか書き換えられ、瞬く間に次の「当たり前」が生み出されていくのだ。

こうした革新的な変化は、自動車業界でも常に水面下で動いている。

『シリコンバレーD-Labプロジェクトレポート Ver.1.0』(2017年3月)を参考に編集部が作成。

上記の表を見ると、ガソリンを使わないEV車(電気自動車)やカーシェアリングについては、すでにある程度普及されており、「給油」から「充電」へ、「買う」から「シェアする」へと、自動車に対する認識に変化が表れつつある。

その他にも、ICT端末としての機能を持つ「コネクテッドカー」は、道路状況や車両の状態をネットワークを介して取得することで、走行を快適にするという新たな価値を見出しており、最近CMでもよく目にする「自動運転」は、事故の低減や高齢者の安全運転に期待がかる。

このような変化に順応していかなければ、ビジネスにおいても時代に乗り遅れ、ユーザーニーズを取りこぼしてしまうことが少なくない。
「どうせ未来のことだろう」と目をそらさず、随時対応することが重要だ。

関連 太陽光発電、全需要の7割超も。日本の基幹電源へ


『SOLAR JOURNAL』vol.23より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【募集終了】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  2. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  3. 蓄電池市場は拡大を継続すると見られ、2040年には8兆円超え⁉
  4. 健全化に向けてFIT/FIPのルール強化! 再エネ特措法の改正ポイントは?
  5. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  6. 【電力取引の多様化】一本化で拡大する電力先物の現在地とこれから
  7. 【東京都】2025年の太陽光発電設備設置義務化に向け、「首都圏初」となる設置事例...
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ