編集部からのお知らせ

タイナビ会員、産業用太陽光発電の全国シェア13%超

土地付き太陽光発電・風力発電投資物件検索サイト「タイナビ発電所」や、産業用太陽光発電一括見積もりサイト「タイナビNEXT」を運営する株式会社グッドフェローズは、タイナビグループ会員が全国太陽光発電物件のシェア13%を占めていることを発表した。

全国の発電事業者の10人に1人は
タイナビグループ会員

日本初の土地付き太陽光・風力発電投資物件サイトを運営する株式会社グッドフェローズは、全国発電事業者のうち、自社サイト「タイナビ発電所」「タイナビNEXT」会員が占めるシェア率について、2017年11月に調査を行った。

調査によると、タイナビグループ会員約2万8,000名のうち、発電所を保有しているのは6,201名。
同会員が保有する発電設備は「再生可能エネルギー発電事業計画の認定情報リスト(経済産業省・資源エネルギー庁が2017年10月12日に発表)」のうち、全体の13%を超える大きなシェアを占めていることがわかった。

総保有物件数は2万件以上で、その内訳は低圧が19,293件、高圧が1,379件、特別高圧が18件、低圧が93%を占めている。
総出力容量は2GW以上となり、これは原子力発電所約2基分に相当する。

グッドフェローズは、2019年末時点でのタイナビグループ会員の保有物件数の占有率を低圧・高圧各30%にすることを目標に、今後もセカンダリーマーケット・ソーラーシェアリングなど再生可能エネルギーを中心とした新たな事業領域を拡大していく考えだ。

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  2. 新・出力制御対策パッケージ。「蓄電池の活用」を強化へ
  3. 経産省、GX推進で新たな国債発行 系統用蓄電池や次世代太陽電池に重点配分...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直しへ
  5. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 自己託送の新規受付を当面停止。「再エネ賦課金逃れ」防止で要件を厳格化へ...
  8. 動き出した国の蓄電池産業戦略 官民一体で生産基盤を強化
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 住宅用太陽光発電システムの搭載率は何%? 戸建と集合住宅では大きな開き...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ