編集部からのお知らせ

2020年小型風力の価格が大幅下落! 55円から20円へ

2018年度のFIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)により、買取価格は低下傾向にあり、ますますコスト低減を促すものとなっている。太陽光にとどまらず、他電源にまで拡がる影響を、今回は風力に注目して紹介する。

陸上風力は毎年1円ずつ下落
洋上風力は「入札制度」に移行

風力発電については、2020年度の買取価格まで定められた(着床式洋上風力は2019年度分まで)。陸上風力は毎年1円ずつの下落、昨年度から設けられたリプレース(設備更新案件)も来年度までは1円ずつ下落する。

洋上風力に関しては、近い将来、「入札制度」に移行することが決定した。ただし正式な導入時期は未定であり、少なくとも2018年度は、着床式・浮体式ともに36円のままだ。

なお、20kW未満の小型陸上風力発電は、2018年度よりカテゴリーが撤廃され、20kW以上の陸上風力と区別なく扱われることになった。小型風力事業者にとっては、55円から20円への急激な下落となる。

 

12>

関連記事

2018/03/15 | 編集部からのお知らせ

小型風力のFIT区分撤廃に批判噴出

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  2. 新・出力制御対策パッケージ。「蓄電池の活用」を強化へ
  3. 経産省、GX推進で新たな国債発行 系統用蓄電池や次世代太陽電池に重点配分...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直しへ
  5. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 自己託送の新規受付を当面停止。「再エネ賦課金逃れ」防止で要件を厳格化へ...
  8. 動き出した国の蓄電池産業戦略 官民一体で生産基盤を強化
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 住宅用太陽光発電システムの搭載率は何%? 戸建と集合住宅では大きな開き...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ