編集部からのお知らせ

九州電力が5・6回目の出力制御、今回から風力発電も対象に

九州電力が、5・6回目となる出力制御を実施。今回から、風力発電も対象となった。蓄電池の充電や、揚水発電用の水のくみ上げ、関門連系線による域外送電などを活用したうえで、11月4日(日)には過去最高となる121万kWが制御対象となった。

11月4日の日曜日は
過去最高の121万kW

九州電力は、11月3日(土)と4日(日)の2日間、再生可能エネルギーの出力制御を実施。九電の出力制御は、これで5・6回目となる。

これまでの4回は太陽光発電のみが対象だったが、今回は風力発電も対象に含まれた。九電管内の再エネ発電設備は、出力ベース(9月末設備量)で太陽光発電が812万kW、風力発電は50万kWだという。

出力制御は、両日とも午前9時00分~16時00分の間で実施。最大余剰電力発生時刻は、両日とも12時~12時30分だった。11月3日(土)は55万kW、11月4日(日)は過去最高となる121万kWが制御対象となった。

11月4日(日)の電力需給の内訳は、エリア需要が696万kW、大容量蓄電池の充電・揚水運転が226万kW、関門連系線を活用しての域外送電が202万kWだった。これらを足した1,124万kWが、需要の総合計となる。

一方、供給力の合計は1,245万kW(うち再エネ出力は572万kW)。需要と供給力の差分である121万kWが、出力制御の対象となった。

関連記事:九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
 

DATA

九州電力

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  2. ペロブスカイト太陽電池で日本の「復権」を目指す。官民協議会の1回目を開催!...
  3. 新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  7. 太陽光発電 市町村の約4割でトラブルが発生、2割近くで未解決
  8. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  9. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ