編集部からのお知らせ

無電化地域の「キオスク」、電力はもちろん太陽光!

最新のソーラー技術で世界を変える!今回はドイツ・ベルリンで生まれたプレハブキットをご紹介。モバイル端末の充電から、医療現場での活用まで、幅広い用途で利用されている優れものだ。

11ヶ国で活躍中!
ソーラーパネル付きのプレハブキット

電力インフラの乏しい地域に向けて独ベルリンで開発された「ソーラーキオスク」は、太陽光を活用したエネルギー自律型のプレハブ建物。屋根に設置されたソーラーパネルで発電し、この電力を使ってモバイル端末の充電サービスやWiFiサービスなどを提供する仕組みだ。

モジュール式のため設置場所の大きさや用途に合わせて調整できるのも特徴。2012年にエチオピアで初めて建設されて以来、これまでに11ヶ国で展開されており、ポップアップショップから、緊急の医療センターや避難所など、様々な用途で活用されている。

Data

SOLARKIOSK

 

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  2. ペロブスカイト太陽電池で日本の「復権」を目指す。官民協議会の1回目を開催!...
  3. 新たな蓄電池ビジネスの急拡大! 再エネ3倍増を踏まえた政策が必要
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  7. 太陽光発電 市町村の約4割でトラブルが発生、2割近くで未解決
  8. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  9. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ