編集部からのお知らせ

〈終了〉11月22日(木)、サングロウが新製品発表会を開催! 飯田哲也氏が基調講演!

「2019年 SUNGROW新製品発表会」、2018年11月22日(木)開催!(イベントは終了しました)

グローバル市場で15%を超えるシェアを誇る世界有数のパワーコンディショナメーカー、SUNGROW(サングロウ)。その日本法人であるサングロウジャパンが、11月22日に新製品を発表する。

また、新製品の発表に先立ち、ソーラージャーナル本誌でも連載中の認定NPO法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)所長・飯田 哲也 氏が登壇。太陽光発電に関わる経済産業省の政策について、最新情報を語る。未稼働案件の価格切り下げや、入札制度の対象拡大など、激動が予想される2019年に向けて、必聴の講演だ。

サングロウによる新製品発表会の後には、ネットワーキングディナーも開催される。サングロウジャパンの担当者と、新商品について直接商談することができる。

今回のイベントのポイント

サングロウの新製品について、いち早く情報を得られる
● サングロウジャパンの担当者と、新製品の直接商談ができる
● 飯田哲也氏の講演で、経産省の最新動向を知ることができる

 

イベント内容

第一部(15:30~17:00)

①基調講演

認定NPO法人 環境エネルギー 政策研究所(ISEP)
所長
飯田 哲也


自然エネルギー政策の革新と実践で国際的な第一人者。持続可能なエネルギー政策の実現を目的とする、政府や産業界から独立した非営利の環境エネルギー政策研究所所長。

②サングロウ紹介
③新製品発表
④今後の事業展開

第二部(17:00~19:00)

ネットワーキングディナー
※立食パーティー形式

セミナー概要

2019年 SUNGROW新製品発表会
「2019年 太陽光ビジネス成長の鍵」
日程 2018年11月22日(木)
時間 第一部 15:30~17:00 / 第二部 17:00~19:00
会場 京王プラザホテルMAP
ルーム名:第一部:44F「アンサンブル」 / 第二部:43F「スターライト」
住所:東京都新宿区西新宿2-2-1
アクセス:「新宿駅(JR・私鉄・地下鉄)」西口から徒歩5分/都営大江戸線「都庁前駅」からB1出口階段を上がってすぐ
※駐車場はご用意しておりません。公共交通機関をご利用ください。
対象 EPC(施工店・販売店)、発電事業者の皆様
※参加人数に限りがございますので、定員に達し次第申込みを締め切らせていただきます。
主催 サングロウジャパン株式会社
協力 ソーラージャーナル編集部
(株式会社アクセスインターナショナル)

 

申込方法

下記、申し込みフォームの各項目にご入力いただいた後、「送信する」ボタンをクリックしてください。

※本イベントは、EPC(施工店・販売店)および、発電事業者の皆様を対象にしたイベントです。
※参加人数に限りがございますので、定員に達した場合、抽選とさせていただく場合がございます。

↓↓ご確認お願い致します!↓↓

【注意事項】
※フォーム送信後、ソーラージャーナル編集部より『11/22開催『サングロウ新製品発表会』参加申込 完了メール』が送られます(自動返信)。メールが届かない場合は、お問い合わせフォーム よりお問い合わせください。
編集部からのメールが“迷惑メール”に分類されてしまうことがあるようですので、メールが届かない場合は“迷惑メール”のフォルダもご確認をお願いいたします。
※ご登録いただいた情報は、主催企業(サングロウジャパン株式会社)に提供いたします。

 

SUNGROW新製品発表会
申込みフォーム

参加申込の受付は終了いたしました。
 

【問い合わせ】
ソーラージャーナル編集部
(株式会社アクセスインターナショナル)
TEL:03-3403-3335(平日10:00~19:00)
» お問い合わせフォーム

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  2. 【受付中】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  7. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  8. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  9. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  10. 大型連休中の再エネ出力制御、8エリアで実施。エリア需要を上回る場面も...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ