編集部からのお知らせ

世界初「ソーラー電動アシスト自転車」が誕生、走行可能距離は70km!?

フランスのスタートアップ企業が、太陽電池を動力とする「ソーラー電動アシスト自転車」を開発! 日当たり次第では40キロメートルまで走行でき、バッテリーを取り外して充電すれば、最大70キロメートルまで走行可能だ。

通勤時にも活用できる
便利で環境に優しい自転車

手軽に使えて経済的で環境に優しく、近場へのチョイ乗りにはとても便利な電動アシスト自転車。そこにもう一味加えた製品がフランスで発表された。フランスのスタートアップ企業ローリンが開発する世界初のソーラー電動アシスト自転車だ。


同社は元々、従来の自転車の前輪をモーター内蔵ホイールに取り替えるだけで、どの自転車でも簡単に電動アシスト自転車に変えられる製品の開発をしてきた。その電源を太陽光由来にしようと生まれたのがソーラー電動アシスト自転車だ。前輪ホイール部分とフレーム部分に備え付けられたソーラーパネルと内蔵のモーターをつなぐことで、発電を行うことができる。

ローリンの共同設立者アントワン・ダクルモン氏によると、イル・ド・フランス(パリを中心とした首都圏)の条件下では太陽光で1日平均17キロメートルの距離を走行でき、日当たり次第では40キロメートルまで可能。同地域では通勤の半数以上が5キロメートル以下であり、この走行距離は十分に満足できるものだという。バッテリーは取り外して充電ができ、最大で70キロメートルを走れる。

今秋、試作機の詳細が発表され、2019年春からはパリ市の南に隣接するモンルージュ市の市役所および郵便局へ職員用として10台が提供される。そこで製品テストが重ねられる予定だ。


Text >> Yukinobu Kato

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 参加受付中!】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
  3. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  4. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  5. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  6. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  7. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 【2024年太陽光ビジネス】再エネは「長期安定電源」になる! 事業環境の整備に必須のリパワリング...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ