編集部からのお知らせ

太陽光の「シェアリングエコノミー」がバングラディシュで普及中!

シェアリングエコノミーが太陽光でも普及している。今回紹介するのは、バングラディッシュで2014年から導入されている「ソルシェア」。2030年までには、100万人による電力売買プラットフォームになる見込みだ。

100万人による
電力売買プラットフォーム

バングラデシュで2014年に創設された「ソルシェア」はソーラーエネルギーを地域住民間で融通し合う電力売買プラットフォーム。



太陽光発電システムのオーナーは余剰電力を売却でき、エンドユーザーはモバイル決済により必要な電力を直接購入できる。

バングラデシュではすでに400万世帯以上が太陽光発電システムを導入しており、2030年までには「ソルシェア」を通じて100万人以上に電力が供給される見込みだ。

©ME SOLshare


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.28(2019年冬号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  2. 【 参加受付中!】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 脱炭素“100%の罠” ~完全達成のリスクとチャンス~
  7. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  8. 太陽光発電所の盗難被害が急増 外国人グループの犯行か
  9. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  10. 2024年度の脱炭素ビジネス【発電側課金・脱炭素オークション・非化石価値取引】...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ