編集部からのお知らせ

ネクストエナジーがCDP認定パートナーに認定! 日本国内で初

ネクストエナジーは、2020年からCDPの認定パートナー企業となった。これは国内初の認定で、同社のCO2削減に対する多くのソリューションが評価された結果だ。CDPやSBT、RE100などに報告可能な数々のサービスは、CDP回答企業からの評価も高い。

CDP認定は国内初の快挙!
回答企業からの推薦による

12月26日、ネクストエナジー・アンド・リソースは、2020年よりCDPと再生可能エネルギー導入に関する認定ソリューションプロバイダーとして、パートナーシップを締結すると発表した。これは、複数のCDP回答企業からの推薦によって、同社のCO2削減ソリューションの実績が認められたことによるものだ。

国際イニシアチブ「RE100」などを展開するCDPの認定を受けるためには、世界各国でサービスの品質が一定基準を満たすことが条件とされ、限られた事業者のみに許された認定だ。同社は、日本国内で初のCDP認定を受けた再生可能エネルギー関連サービスの提供事業者となる。

同社はこれまで、気候変動対策として設けられたCO2削減目標に対して、具体的なソリューションを多岐に渡り展開してきた。環境配慮型電力プラン「グリーナでんき」や、グリーン電力証書などの提案を行っている。特に、「グリーナでんき」の電力プランは、CDPの質問書や、事業活動に使用する全ての電気を再生可能エネルギーとすることにコミットする、国際イニシアチブ「RE100」への要件をクリアしているという。

こうした総合的な取り組みが、CDP回答企業に評価され、今回の国内初のCDPパートナーシップ認定につながったものと思われる。


2018年Aリストは国内20社
「環境配慮型」経営の促進に期待

CDPとは、投資家や企業、自治体などが環境への影響を管理するためのグローバルな情報開示システムを運営する国際NGOだ。イギリス・ロンドンを拠点としており、「カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(Carbon Disclosure Project)」がその前身だ。

気候変動が企業活動に与えるリスクの観点から、毎年主要な企業に対して質問書を交付している。企業は、自社のCO2排出等に対する取組みについて、「気候変動」「ウォーター(水)」「フォレスト(森林)」などの分野から回答し、最高位A、A-、B、B-、C、C-、D、D-の8段階で評価される。2019年5月に公表された「CDP気候変動レポート2018」では、20社の日本企業が最高位のAリストに選出されている。

ネクストエナジーの国内初のCDPパートナーシップ認定によって、「環境配慮型」の経営を目指す企業のさらなるサポート強化に期待できそうだ。

DATA

ネクストエナジー・アンド・リソース株式会社



文/山下幸恵(office SOTO)

関連記事

2019/01/07 | 編集部からのお知らせ

CO2削減に向け、実現すべきは「EV100%」

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【受付中】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  2. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  5. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  6. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  7. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  8. 大型連休中の再エネ出力制御、8エリアで実施。エリア需要を上回る場面も...
  9. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  10. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ