編集部からのお知らせ

WQと独社、日本で太陽光モジュール修理・改修へ、リノバソルジャパン共同設立

環境エネルギー事業などを手掛けるWQと太陽光モジュールのリファービッシュ(修理・改修)分野で欧州シェア首位の独リノバソルは、リファービッシュ事業を行うリ日本法人、リノバソルジャパンを共同で設立した。社長にはWQの中西晃一社長が就任した。7月26日発表した。

買い取った再生品を出荷へ

通常、太陽光発電設備の廃棄には費用がかかるが、リノバソルが買い取ってリファービッシュした後、再生品として出荷する。発表資料によると、独社は太陽光モジュールのリファービッシュで国際的ネットワークを確立しており、これまでに世界で約100万枚、日本でも約2000枚を修理・改修した実績を持つ。

WQは再生可能エネルギーを利用した機器の販売、太陽光・風力開発のほか、レストラン事業、ホテル事業、農業、海外日本酒販売事業などを展開している。

「膨大な量の廃棄を回避」と独社CEO

独社の創業者ヨーゼフ・グマイナー最高経営責任者(CEO)は「モジュールの需要は今後も長期的に続き、膨大な量の廃棄物を回避するには、新しいソリューションが必要不可欠」とコメントした。

DATA

株式会社WQ

〒104-0061 東京都中央区銀座1-19-12 銀座グラスゲート4F
TEL:03-6263-0677

事業内容:再生可能エネルギーを利用した機器の販売、太陽光・風力開発を行う。その他、Quest of Quality(品質の探求)をコンセプトとし、レストラン事業、ホテル事業、農業、海外日本酒販売事業など幅広い分野で事業を展開


文:山村敬一

関連記事

2018/04/04 | 編集部からのお知らせ

ハンファQセルズが“TOP BRAND PV”の称号獲得 

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 参加受付中!】2024年4月23日(火)「第29回PVビジネスセミナー」~ 市場動向/PPA・蓄電池の最適化モデル ~...
  2. 東京都の2024年度系統用蓄電池導入事業 特高5件、高圧6件を採択予定
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 【受付中】5/28火 ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  5. 経産省、新電力ビジネスの経過措置「部分供給」の見直し案 オフサイトPPAへの影響は?...
  6. 市場運用者・広域機関に聞く、長期脱炭素電源オークションが目指すものとは?...
  7. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
  10. 2024年度の脱炭素ビジネス【発電側課金・脱炭素オークション・非化石価値取引】...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.48 | ¥0
2024/01/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ