編集部からのお知らせ

TOPCon技術で業界をリード! ジンコソーラーがN世代におくるTiger Neoモジュール

パネル価格の高騰がいまだ収まらない中、太陽光発電業界をリードするジンコソーラーが、新たに高出力モジュールをリリースした。日本の脱炭素化を推し進める革新的な製品だ。

日本市場に適した新製品
2022年から量産開始

2021年12月、ジンコソーラージャパンが、『N世代へのジンコからのギフト』と題したウェビナーを開催した。そこで紹介されたのが、TOPCon技術を用いたフラッグシップモデル「Tiger Neo」シリーズだ。

N型TOPCon技術が成熟しつつある中、ジンコソーラーは率先して、中国安徽省合肥市にある新工場で8GWの高効率N型TOPCon太陽電池セルの生産を開始。同セルの量産平均変換効率は24.5%に達する。N型TOPCon技術を用いたTiger Neoは、最高変換効率が22.30%に達し、シリーズ最大モデルの出力は620W。従来の単結晶PERCと比べて、変換効率では約5〜6%、発電性能では3〜4%も向上。2022年Q1から同シリーズの量産を開始し、年間の生産量は10GWを予定している。これはジンコソーラーの生産能力全体の20〜25%を占める。そして、2023年にはさらに生産体制を強化する方向だ。

ジンコソーラージャパン代表の孫威威氏は、「モジュール原材料の価格高騰・高止まり傾向は、少なくとも2022年の上半期まで続きそうです。この状況で弊社は、土地や屋根のスペースに制約があり、EPCコストが高い日本市場に向けて、他と一線を画す高効率・高出力製品として『Tiger Neo』を開発しました」と語る。


ジンコソーラーが新たにリリースしたTiger Neoモジュールは、最新のTOPCon技術を採用。最高変換効率は22.30%に達し、単結晶PERCから大きく向上。土地や設置面積が限られ、EPCコストの高い日本市場に適した、高出力・高効率なモジュールだ。

セミナーでは、日本向け蓄電システム「SUNTANK」の今後の計画についても紹介された。2021年8月31日から販売が開始されており、11月30日に初ロットが日本の倉庫に納入。2022年には販売を本格的に拡大するフェーズに突入する。

日本の2050年カーボンニュートラル実現に向けて、ジンコソーラーの貢献は続く。
 

 

問い合わせ

ジンコソーラージャパン株式会社
(東京)
東京都中央区京橋2丁目2番1号 京橋エドグラン9階
TEL:03-6262-6009
FAX:03-6262-3339

(大阪)
大阪府大阪市中央区安土町2丁目3番13号 大阪国際ビルディング31階
TEL:06-7663-1556
FAX:03-6262-3339


SOLAR JOURNAL vol.40(2022年冬号)より転載

Sponsored by ジンコソーラージャパン株式会社

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  2. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  3. 【PVビジネスセミナーレポート】2024年度の市場動向は? PPAと蓄電池の最適化モデル...
  4. 蓄電池市場は拡大を継続すると見られ、2040年には8兆円超え⁉
  5. 【東京都】2025年の太陽光発電設備設置義務化に向け、「首都圏初」となる設置事例...
  6. サングロウのエグゼクティブに聞いた日本市場でのビジネス展望。世界が注目するグリーン水素の行方は?...
  7. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  8. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  9. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ