注目キーワード

脱炭素

パリの高級ホテルはエコシフト! 使用するお湯の半分を太陽光発電で沸かせる

フランスは、世界の中でも地球にやさしい国。そんなフランスのホテルのトレンドは、いかにエコにシフトするか。フランスの首都・パリにオープンする5つ星ホテルのエコなポイントを見ていこう。

メイン画像:屋上に面した部屋からの景色は緑が広がり、ここがパリのど真ん中だとは思えない。 ©Madame Rêve

太陽光発電を湯沸かしに利用
環境負荷抑制が1つの価値観に

これからのホテル選びは「環境」がキーワードだ。パリで新規オープンするホテルはいかにエコにシフトするかがトレンドとなっている。2021年10月にパリ中心部ルーヴル中央郵便局の建物内に新しくオープンした5つ星ホテル「マダム・レーヴ」もその1つ。ルーヴル中央郵便局の建物は2005年から改装工事のため閉鎖していたが、昨年より順次施設が開館。マダム・レーヴも話題のホテルとして開業した。

同ホテルが思い切ったのは通常ホテルで大量に使用される「お湯」である。使用するお湯を沸かすエネルギーの半分は屋根に設けたソーラーパネルからの発電で補うほか、5つ星ホテルとしては例外的にバスタブの数を制限した。設備面などに加えて、どれだけ地球に負荷をかけない配慮がなされているかということが滞在先選びの新しい価値観として加わりつつある。


ルーヴル通りから見上げると上部にソーラーパネルを確認できる。 ©Yukinobu Shuzui

HP:Hôtel Madame Rêve


文:守隨亨延

SOLAR JOURNAL vol.41(2022年春号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【参加無料】10月6日(金)「第27回PVビジネスセミナー」~ 国の政策動向と蓄電池・PPAの先進事例 ~...
  2. 快進撃を続けるドイツの太陽光発電の課題、日本でも参考となるその対策とは...
  3. 発電側課金、割引相当額の検討が大詰め。一般送配電各社がこの秋にも公表へ...
  4. 発電側課金、全国の年間合計額は3856億円。この秋にも正式な課金単価発表へ...
  5. 太陽光発電・蓄電池を全世帯に 藤沢市の進化を続けるまちづくり
  6. 【10/18(水)】発電事業者向け「特高・高圧運用セミナー」東京開催!
  7. 2022年度からの「オンライン代理制御」で何が変わる?  低圧含め5エリアで開始か...
  8. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  9. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  10. 都市部の地域脱炭素に解決策! 伊丹市がCO2ゼロ庁舎を実現した「ソーシャルクレジット」とは?...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.46 | ¥0
2023/7/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ