政策・マーケット

タイナビ会員、産業用太陽光発電の全国シェア13%超

土地付き太陽光発電・風力発電投資物件検索サイト「タイナビ発電所」や、産業用太陽光発電一括見積もりサイト「タイナビNEXT」を運営する株式会社グッドフェローズは、タイナビグループ会員が全国太陽光発電物件のシェア13%を占めていることを発表した。

全国の発電事業者の10人に1人は
タイナビグループ会員

日本初の土地付き太陽光・風力発電投資物件サイトを運営する株式会社グッドフェローズは、全国発電事業者のうち、自社サイト「タイナビ発電所」「タイナビNEXT」会員が占めるシェア率について、2017年11月に調査を行った。

調査によると、タイナビグループ会員約2万8,000名のうち、発電所を保有しているのは6,201名。
同会員が保有する発電設備は「再生可能エネルギー発電事業計画の認定情報リスト(経済産業省・資源エネルギー庁が2017年10月12日に発表)」のうち、全体の13%を超える大きなシェアを占めていることがわかった。

総保有物件数は2万件以上で、その内訳は低圧が19,293件、高圧が1,379件、特別高圧が18件、低圧が93%を占めている。
総出力容量は2GW以上となり、これは原子力発電所約2基分に相当する。

グッドフェローズは、2019年末時点でのタイナビグループ会員の保有物件数の占有率を低圧・高圧各30%にすることを目標に、今後もセカンダリーマーケット・ソーラーシェアリングなど再生可能エネルギーを中心とした新たな事業領域を拡大していく考えだ。

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  3. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  7. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  8. あなたは知ってる? 小型風力発電の3つの注意点
  9. 新潮流「JHS」が自家消費を加速させる! カギとなる2大ソリューションとは?...
  10. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース