政策・マーケット

シャンゼリゼがホコ天に!? パリから車が消える一日

今年はついに市内全域が対象区域に。環境先進都市パリの自動車規制の取り組みを紹介。

シャンゼリゼも開放!
歩行者のための一日

大気汚染なしの快適で静かな街へ。

2015年からパリ市は、毎年10月1日を「カーフリーデー」として指定区域内での自動車通行を規制している。

対象範囲は年々拡大し、今年はパリ市内ほぼ全域が自動車の乗り入れに規制がかかった。加えて市内シャンゼリゼ通りでは、2016年から毎月第一日曜を歩行者天国にしている。

自動車のない広いパリの1日を、市民は自転車、インラインスケート、ウォーキングなどで存分に楽しめるのだ。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.23 2017年 AUTUMN号より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 沖縄本島初! 蓄電システム付き太陽光発電所完成!
  2. 急斜面でも設置可能! 太陽光発電で人気の「高強度架台」の実力とは?
  3. 世界最大級の「高効率蓄電システム」がハワイに完成、構築方法は?
  4. 水上ソーラーに注目! 全国21万ヶ所・フラットで造成不要
  5. 【2/25開催】長島彬さんのソーラーシェアリング講演会、参加受付中!
  6. “地域密着型”新電力の強さとは? 福岡県「やめエネルギー」の事例
  7. 『ソーラーアセットマネジメントアジア』開催! チケットの割引特典も
  8. 『スマートエネルギーWeek』はこう攻めろ! 最大の効果を狙うコツは?
  9. 再エネ拡大だけではない、民間新電力が目指す「人が残るまちづくり」
  10. 日本でも進む『電力シェアリングエコノミー』異業種との融合も

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース