政策・マーケット

シャンゼリゼがホコ天に!? パリから車が消える一日

今年はついに市内全域が対象区域に。環境先進都市パリの自動車規制の取り組みを紹介。

シャンゼリゼも開放!
歩行者のための一日

大気汚染なしの快適で静かな街へ。

2015年からパリ市は、毎年10月1日を「カーフリーデー」として指定区域内での自動車通行を規制している。

対象範囲は年々拡大し、今年はパリ市内ほぼ全域が自動車の乗り入れに規制がかかった。加えて市内シャンゼリゼ通りでは、2016年から毎月第一日曜を歩行者天国にしている。

自動車のない広いパリの1日を、市民は自転車、インラインスケート、ウォーキングなどで存分に楽しめるのだ。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.23 2017年 AUTUMN号より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 11月22日(木)、サングロウが新製品発表会を開催! 飯田哲也氏が基調講演!
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. 【最新】2018年度、新FIT買取価格が決定! 割賦金単価も
  5. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. 卒FITに関する意識調査、期間満了後どうなるのか理解しているのは4割
  8. 大容量&低価格、テスラの新・家庭用蓄電池!
  9. 満充電まで3分ってホント!? 日本で電気自動車は普及するのか?
  10. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース