政策・マーケット

シャンゼリゼがホコ天に!? パリから車が消える一日

今年はついに市内全域が対象区域に。環境先進都市パリの自動車規制の取り組みを紹介。

シャンゼリゼも開放!
歩行者のための一日

大気汚染なしの快適で静かな街へ。

2015年からパリ市は、毎年10月1日を「カーフリーデー」として指定区域内での自動車通行を規制している。

対象範囲は年々拡大し、今年はパリ市内ほぼ全域が自動車の乗り入れに規制がかかった。加えて市内シャンゼリゼ通りでは、2016年から毎月第一日曜を歩行者天国にしている。

自動車のない広いパリの1日を、市民は自転車、インラインスケート、ウォーキングなどで存分に楽しめるのだ。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.23 2017年 AUTUMN号より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 欧州一の売上を誇るSonnen社の蓄電池システムとは?
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
産運用EXPO2020

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース