政策・マーケット

超高効率モジュールメーカーが、日本市場参入を準備中!

約40年の実績を持つモジュールメーカー・JINERGYのKai Qiao氏に、2018年度の太陽光マーケット展望を聞いた。日本支店を準備中だという注目PV企業JINERGYが、自社製品は日本市場に適していると自信を持つその理由とは?

総発電量が44%増加
日本市場に適したモジュール

今後、日本の太陽光発電市場は商業用、住宅用のルーフトップマーケットにシフトしていくでしょう。

一方で、日本市場では高い性能が求められるため、当社でもそれに見合った技術水準に一定の合格ラインを設定しています。当社が開発した極めて高い効率性をもつ「超高効率ヘテロ接合 単結晶太陽光発電モジュール」(HJT)は、光誘起劣化も経年劣化も少なく温度係数が低いうえ、両面発電という特性があり、一般的なモジュールと比較して総発電量が44%増加します。そういう点で日本市場に適していると思います。

当社は、そのような高効率テクノロジーに加えて、信頼性も担保しています。なぜなら、母体企業がエネルギー分野で40年近い実績があり、組織も非常に大きく十分な資金があるからです。ビジネス戦略についても、短期的な利益を追うことなく、いかに会社を長く安定的に保っていくかを重視しています。それが結果的に、お客様にも信頼を保証できるからです。

現在、日本支店を準備中で、今年中には開設できる見込みです。日本の市場に参入し、成功するにあたって一番難しいのは文化の違いです。それをよく理解したうえで、ようやく我々の製品を、自信をもってご提案できます。

DATA

JINERGY Strategy&Marketing General Manager

Kai Qiao氏


取材・文/廣町公則、大根田康介

『SOLAR JOURNAL』vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  7. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  8. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  9. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース