政策・マーケット

創業100年ドイツパワコンメーカーが日本市場へ!

創業100年を超えるドイツのパワコンメーカー「KACO」が、着々と日本市場への進出を果たしている。今後計画しているプロジェクトや、2018年度の導入目標は? 同社でCSOを務めるDavid Mabille氏にお話を伺った。

代理店やEPCとプロジェクト進行
存在感を高める

当社はドイツに本社を置き、1914年に創業された100年を超える企業です。太陽光発電用パワーコンディショナ、監視システム、産業用アプリケーション、電力供給システムを世界中に提供しています。日本の太陽光発電市場では、大規模プロジェクトにおけるセントラルインバータ供給を通じて足がかりを築いてきました。

日本市場は確実に安定してきましたし、未来は明るいと思います。競争で価格が下がりつつある一方、当社は日本に適合した新製品を提供しています。最近では2種類のストリングインバータを発表しました。

また2種類のパワコンで電力会社から使用承認を得ており、すでに発売されたセントラルパワコンは150MW以上の累計実績があります。今度は沖縄でも導入される予定で、パイロットプロジェクトも進行しています。

日本市場で会社を成長させるためには、存在を明確にすることだと思います。人々を惹きつけて、サービスに対する反応を素早くし、日本市場をもっと理解しなければいけません。

また代理店を探すこと、EPCと連携したプロジェクトの進行も必要です。始まったばかりのプロジェクトもありますが、少なくとも2018年度は50~100MWの導入実績を目指しています。

DATA

KACO new energy GmbH CSO

David Mabille氏


取材・文/廣町公則、大根田康介

『SOLAR JOURNAL』vol.25より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  5. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  10. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース