注目キーワード

政策・マーケット

企業価値を向上する「ESG投資」実践における7つの手段とは

民間企業の間では、事業電力を100%再生可能エネルギーでまかなう目標、RE100が話題だ。同時に「ESG投資」への関心も高まっているが、投資手法としては7つの選択肢がある。

投資手法は7種類

GSIAによれば、ESG投資は次の7種類に分類される。

①ネガティブ・スクリーニング

特定の業界の株や債券を投資対象から除外する、世界最大の手法。武器、たばこ、ギャンブルのほか、原子力発電、化石燃料などが一例として挙げられる。倫理観に反するという理由以外に、最近では環境破壊に起因するものも増えてきた。

②ポジティブ・スクリーニング(ベスト・イン・クラス)

①と違い、ESGに優れた銘柄のみを選別する手法。人権、従業員対応、ダイバーシティなどテーマごとに基準を設け、総合スコアが高いものを選ぶ。

③規範に基づくスクリーニング

環境破壊や人権侵害など国際規範に照らし合わせ、最低限の基準を満たさない企業を投資対象から除外する手法。

④ESGインテグレーション

既存の投資先の分析、選定の過程で、従来の財務情報だけでなく、非財務情報つまりESG情報を織り込んで判断する手法。特定のものを選別するのではなく、全体的な銘柄評価の中でESG観点が考慮される。

⑤サステナビリティ・テーマ

社会や環境に関する特定のテーマを設定し、それに関連する企業の株式や債券に限定した手法。「再生可能エネルギー投資ファンド」などが一例。

⑥インパクト・コミュニティ

社会・環境に関する課題を解決する技術やサービスを提供する企業に投資する手法。環境に配慮した事業に資金使途を限定したグリーンボンド(環境債)、地域の貧困問題を解決するマイクロファイナンスなどがある。

⑦エンゲージメント・議決権行使
株主として企業に対し、株主総会での議決権行使、日常的な経営者へのエンゲージメントなどを通じて、ESGに関する案件に積極的に働きかける手法。


取材・文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. ライセン、N型HJTモジュールを市場投入。PPA事業、案件開発、海外進出もサポート...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 新・自家消費時代の大本命── トライブリッドにしかできないこと
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  8. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  9. 2022年度からの「オンライン代理制御」で何が変わる?  低圧含め5エリアで開始か...
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース