注目キーワード

政策・マーケット

企業価値を向上する「ESG投資」実践における7つの手段とは

民間企業の間では、事業電力を100%再生可能エネルギーでまかなう目標、RE100が話題だ。同時に「ESG投資」への関心も高まっているが、投資手法としては7つの選択肢がある。

投資手法は7種類

GSIAによれば、ESG投資は次の7種類に分類される。

①ネガティブ・スクリーニング

特定の業界の株や債券を投資対象から除外する、世界最大の手法。武器、たばこ、ギャンブルのほか、原子力発電、化石燃料などが一例として挙げられる。倫理観に反するという理由以外に、最近では環境破壊に起因するものも増えてきた。

②ポジティブ・スクリーニング(ベスト・イン・クラス)

①と違い、ESGに優れた銘柄のみを選別する手法。人権、従業員対応、ダイバーシティなどテーマごとに基準を設け、総合スコアが高いものを選ぶ。

③規範に基づくスクリーニング

環境破壊や人権侵害など国際規範に照らし合わせ、最低限の基準を満たさない企業を投資対象から除外する手法。

④ESGインテグレーション

既存の投資先の分析、選定の過程で、従来の財務情報だけでなく、非財務情報つまりESG情報を織り込んで判断する手法。特定のものを選別するのではなく、全体的な銘柄評価の中でESG観点が考慮される。

⑤サステナビリティ・テーマ

社会や環境に関する特定のテーマを設定し、それに関連する企業の株式や債券に限定した手法。「再生可能エネルギー投資ファンド」などが一例。

⑥インパクト・コミュニティ

社会・環境に関する課題を解決する技術やサービスを提供する企業に投資する手法。環境に配慮した事業に資金使途を限定したグリーンボンド(環境債)、地域の貧困問題を解決するマイクロファイナンスなどがある。

⑦エンゲージメント・議決権行使
株主として企業に対し、株主総会での議決権行使、日常的な経営者へのエンゲージメントなどを通じて、ESGに関する案件に積極的に働きかける手法。


取材・文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.26(2018年夏号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 「体力」を「電力」に――。“系統連系”できる自家発電型フィットネスバイク...
  3. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  6. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 改正温対法の「ポジティブゾーニング」とは? 許認可をワンストップとする特例も...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. 太陽光発電、導入量米国No.1! カリフォルニア州の注目制度、CSIとは

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース