政策・マーケット

2030年度には150GW超!? 太陽光「導入量予測」が政府想定超え!

資源総合システムの予測によると、意欲的な政策が打ち出されるなどして太陽光発電と周辺技術の開発が加速される場合、2030年度の累積導入量は153GWに達するという。電力需要の約15%を担える、150GWレベルの市場が形成されることになる。

現状成長と開発加速の
2パターンを予測

資源総合システムが、9月26日、日本市場における2030年に向けた太陽光発電導入量予測(2018~2019年版)を発行した。

同社は、政府の想定を大きく超えた“太陽光発電システムの累積150GW導入”の市場構成の姿を予測したという。

国内の太陽光発電市場は、FITによって急拡大したが、現在は買取価格の低下や、系統連系の接続制限などにより、踊り場の状態になっている。こうした実情を踏まえて、今回の「導入量予測」では、今後の経済性や法整備、優遇税制、規制改革、新たなビジネスモデルなど、多様な要件を前提条件として検討された。さらに、住宅用・産業用・メガソーラーなどの分野別に、年度別導入量も予測している。

この導入量予測は、政策や規制緩和が現在の延長線で進んだ場合の「現状成長ケース」に加えて、意欲的な政策が打ち出されるなど太陽光発電と周辺技術の開発が加速される場合の「導入・技術開発加速ケース」といった複数のケースに分けて分析されているのが特徴だ。

その結果、「現状成長ケース」では2020年度の累積導入量が66GW(DCベース・以下同様)、2030年度が121GWとなった。一方、「導入・技術開発加速ケース」では2020年度が70GW、2030年度が153GWに到達すると試算された。


出典:資源総合システム

2030年エネルギー・ミックスにおける太陽光発電の導入目標(64GW)の早期達成にとどまらず、電力需要の約15%を担える150GWレベルの市場が形成される、との予測結果となっている。

DATA

株式会社 資源総合システム

関連記事

アクセスランキング

  1. 10/22開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  2. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  3. O&Mは「資産価値向上」がポイント! セカンダリー市場で求められること
  4. 注目の「太陽光発電+蓄電池」イベントが、10月29日から大阪で開催!
  5. ISEP飯田氏が紐解く「再エネのパラダイムシフト」新たな対立とは
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  8. 水上太陽光発電市場、ポテンシャルは「無限大」!?
  9. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  10. 【講演ダイジェスト】FIT10円台・送電線空き容量問題 再エネビジネスの明日
アクシア SMA Jinko Solar LONGi SOLAR

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.26 / ¥0
2018年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース