政策・マーケット

日本でも進む『電力シェアリングエコノミー』異業種との融合も

シェアリングエコノミーは
業界を超えた融合が大事

このように、各企業がブロックチェーン技術による電力システム改革に邁進している。そんな中、「電力シェアリングエコノミーには、業界を超えた融合が大事です」と、前出の酒井社長は訴える。

前回紹介したように、電力業界は既存の仕組みにとらわれない電力インフラを構築しなければならない。交通業界が電気自動車や自動運転、ライドシェアリングを進める中で、電力シェアリング網ができていく。建設業界なら、電源の分散化をより進めるため、住宅やビル、駐車場などのデッドスペースで太陽光発電設備が活用できる設計を考えればいい。IT業界は、ブロックチェーン技術を支える技術開発が大事だ。また、ブロックチェーン技術は通信技術あってこそだから、通信業界の役割は大きい。

この融合がさらに進めば、電力シェアリングエコノミーが既存の電力システムに大きな変革をもたらす。今はまさに革命前夜だ。


取材・文/大根田康介

SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース