政策・マーケット

モーターショーで注目! 自動運転を見据えた最新EVコンセプトカー

モーターショーが世界で最初に開催されたのはパリのテュイルリー公園だった。120年の節目の年となる2018年のパリモーターショーを華やかに彩ったのは、自動運転を見据えた近未来のEVとプラグインハイブリッド車だ。そこで注目のEVコンセプトカーにスポットを当ててみた。

アイキャッチ:PEUGEOT
e-LEGEND CONCEPT
プジョーが1969年に発表した名車、504クーペの誕生50周年を祝い、これをデザインモチーフにしたEVを発表。自動運転モードも装備する。

先進的なEVコンセプトカーが
観客の目を釘付けに

2018年のパリモーターショーは記念の年となった。が、不祥事を引き起こしたフォルクスワーゲンは参加を見合わせ、会場も今までより狭くなっている。逆風に見舞われたが、元気いっぱいだったのはEVたちだ。これから先、電動化は避けて通れないから、最新技術を盛り込んだ魅力的なEVコンセプトカーが数多く登場した。

その筆頭がメルセデス・ベンツである。「EQ」シリーズの最新コンセプトカー、ヴィジョンEQシルバーアローを展示し、観客の目を釘付けにした。デザインは1937年に活躍したベンツのレーシングカー、「W125」へのオマージュだが、心臓はモーターとバッテリーの高性能EVだ。エコ一辺倒ではなく運転する楽しさも存分にある。

スモールカーを得意とする傘下のスマートは、ブランド誕生20周年を迎えた。これを記念してEVコンセプトカーのスマート・フォーイーズを発表している。スマートはブランド全車を電動化すると発表しているが、フォーイーズはフルオープンの爽快なEVだ。リアに81馬力を発生するモーターを積み、最高速度は130km/hに達する。

フランス勢はプジョーが伝説の504クーペを現代風に仕上げたeレジェンドコンセプトを、DSも精悍なDS X Eテンスと、DS7クロスバックにはEVのEテンスを発表した。EVが一気に増える予定の2020年が待ち遠しい。

注目の「近未来型」
EVコンセプトカー

Mercedes-Benz
Vision EQ Silver Arrow

伝説の「シルバーアロー」を意識した精悍なフォルム。このEVは750馬力を発生するモーターを搭載。1回の充電で400km走れる。

Smart
Forease

2020年から全モデルを電動化するスマートの未来を示したEVコンセプトカー。爽快なオープンカーだが、転覆時の乗員の保護機能も万全。

DS Automobiles
DS X E-Tense


全車に電動パワートレインを採用すると発表しているDSの3人乗り電動スポーツコンセプトカーだ。モーターの最高出力は驚異的な1360馬力。


取材・文/片岡英明

SOLAR JOURNAL vol.27(2018年秋号)より転載

関連記事

2019/01/07 | 政策・マーケット

CO2削減に向け、実現すべきは「EV100%」

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース