政策・マーケット

CO2削減に向け、実現すべきは「EV100%」

EVとともに
再エネの普及を

さて、筆者はというと、大学教授時代に、論文を書いたり講演しただけでは人は動かないということを痛感した。そこで、任期満了を待って自ら太陽光発電事業に乗り出し、現在までに低圧(50kW未満)を中心に複数運営している。さらには、ガソリン車を改造したEV(フォルクスワーゲン「ビートルEV」)に乗っている。

筆者所有の「ビートルEV」。軽井沢にて筆者撮影。

今後の目標はこれら二つを連動させることだ。すなわち、太陽光発電でEVを充電し、EVに搭載された大容量電池を家庭用や事業用の電池としてつかうこと。その際カギになるのが、電池の性能アップと低コスト化。この点については、改めて報告するつもりだ。

地球温暖化と戦うには個人の努力だけでは十分でない。資金力、社会的影響力のある企業がEVの普及や再エネ活用を率先して行うことの意義は大きい。

プロフィール

環境経営コンサルタント(合同会社 Xパワー代表)

村沢義久

東京大学工学修士。スタンフォード大学MBA。経営コンサルティング会社日本代表、ゴールドマンサックス証券バイスプレジデント(M&A担当)などを歴任の後、2005年から2010年まで東京大学特任教授。2010年から2013年3月まで同大学総長室アドバイザー。2013年4月から2016年3月まで立命館大学大学院客員教授。現在の活動の中心は太陽光発電と電気自動車の推進。Twitterは@murasawa。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  6. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  7. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. 新電力は”不健全なビジネス”か? 福島電力の破綻が意味すること
  10. 2030年度には電力小売事業の「PPA」が市場規模400倍に

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース