政策・マーケット

世界初! カリブ海に”環境を保護するエコ・リゾート”が誕生!?

世界初の、化石燃料に頼らないエコ・リゾートが、メキシコのカンクンで実現するかもしれない。「リゾート」と「環境保護」という一見対局の存在を両立するためのヒントが示されそうだ。

世界初、化石燃料に頼らない
高級エコ・リゾート

メキシコ南東部、カリブ海に面したユカタン半島のリゾート地カンクン。同所はメキシコ政府がリゾート開発を始めて2020年で50年になるが、その記念年にアメリカの建築会社Richard’s Architecture + Designによるエコ・リゾート「グランドカンクン」の構想がある。



グランドカンクンのテーマは、今世界が直面する温暖化と戦い、環境の回復を目指すこと。風力、太陽光、潮力、波力、地熱など、あらゆる自然エネルギーを活用してリゾートの環境負荷を減らす。

省エネ構造、自然風利用、屋上緑化、海水の真水化、雨水の貯水、汚水の浄化などにより、サンゴ礁の破壊や海洋の油汚染、飲料水の欠乏などの対策とする。

海底油田の採掘に使う石油プラットフォームの要領で複合ビルを海上に立て、埋め立てに頼らない形で既存の都市近くにより多くの居住スペースを創出。ホテル、ショッピングモール、会議場、映画館などを入れ込む。

「リゾート」と「環境保護」は対極にあるが、相反する2つを両立するためのヒントをグランドカンクンは示そうとしている。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.28(2019年冬号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  6. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース