政策・マーケット

FIT制度の見直しを! 自立に向けた「ビジネスモデルの転換」が必要な理由とは?

FIT制度の抜本的見直しに向けた議論が、いよいよ本格化する。太陽光発電を真に日本の主力電源とするため、新たなる事業モデルを目指す事業者はどうすればよいのか。JPEA事務局長の増川武昭氏に話を聞いた。

FITの抜本的見直し!
2020年度末に向け議論本格化

FIT法は、当初より2020年度末までに再考を行うことが予定されており、2019年度はその内容を検討する年なのです。そのため、FIT制度の抜本的見直しに向けた議論が、いよいよ本格化してくるでしょう。FIT制度がすぐになくなる訳ではありませんが、フェードアウトへの道筋が示されます。ポストFITは、待ったなしです。



FITは太陽光発電の導入拡大にとって強力な推進力となってきました。しかし、これからはFITに頼らなくてもいいようにしなければなりません。

太陽光発電を真に日本の主力電源にするためには、2050年までに国内稼働量200GWを達成する必要があります。さらに、その先に300GW、400GWと増やしていかなければなりません。現時点での太陽光発電の導入量は約50GWですが、目標達成にはまだ程遠い状況なのです。

FITに代わる
ビジネスモデルの転換を目指す!

2050年までに200GWを実現するためには、まず現状の課題を、官民一体となって解決していかなければなりません。その課題は、「コスト競争力の向上」「系統制約の克服」「長期安定稼働」「地域との共生」「価値創出」の5つです。これらを踏まえ、事業者側としては、FITからの自立に向けた「ビジネスモデルの転換」を図っていかなければならないのです。

では、新しいビジネスモデルとは、どのようなものなのでしょうか。答えはまだ明確ではありませんが、いくつかの方向性を考えることはできます。具体的には、「需給一体型・自家消費モデル」は当然として、「ZEB、ZEH」「セクターカップリング(分野連携)」「コーポレートPPAモデル・第三者保有モデル」「非化石価値・環境価値の活用」などがキーワードになってくるでしょう。それらは、いずれもFITに代わる推進力となる可能性を秘めています。



例えば、セクターカップリングは、電力供給のCO2フリー化と熱利用の電化、運輸部門の電動化を一体的に進めることで、再エネ由来電気の需要を増大させます。分野連結によるシナジー効果は、「脱炭素化」と「エネルギー利用効率・エネルギー自給率の大幅向上」を同時達成することにもつながります。そして、需要側のあらゆる場所に設置できる太陽光発電は、セクターカップリング推進の要となり得るのです。太陽光発電の可能性は、業界の垣根を越えて広がっているといえるでしょう。

さいごに

「私たちJPEAとしては、太陽光発電の健全化に向けて努力し、国民の皆さんに愛される産業となるよう、これからも尽力してまいります。また、国民負担に頼らなくてもやっていけるよう、自立化に向けた取り組みを幅広く進めてまいります。

FIT制度の抜本的な見直しの次には、『エネルギー基本計画』のさらなる見直しも控えています。こうした国の政策に反映していただけるよう、しっかりと事実を積み上げ、太陽光発電の意義を示していきたいと考えています。太陽光発電の新たなフェーズに向けて、共に頑張っていきましょう」

PROFILE

一般社団法人 太陽光発電協会(JPEA)事務局長

増川武昭氏

1985年昭和シェル石油株式会社に入社。原油の調達や電力ビジネスなどを担当。2013年にソーラーフロンティア株式会社に出向し、太陽光発電産業のビジョン策定等に携わる。2017年6月から現職。


取材・文/廣町公則

SOLAR JOURNAL vol.29(2019年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  4. 再エネ先進国は、蓄電池導入コストが電力料金を下回る「蓄電池パリティ」へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
産運用EXPO2020

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース