注目キーワード

政策・マーケット

トヨタが中部電力ら再エネ調達の新会社設立! グループ会社へ供給も

ついに、トヨタが自社グループによる電力供給を始める。トヨタ、中部電力、豊田通商による「トヨタグリーンエナジー」は今年7月の設立予定。国内の再エネ電源の調達からスタートし、将来はグループへの電力供給を図る。再エネをめぐる制度が揺れ動く中、どのように舵を切るのか注目だ。


将来はグループへ再エネ供給も

2020年7月に設立予定の「トヨタグリーンエナジー有限責任事業組合」は、トヨタ50%、中部電力40%、豊田通商10%の出資割合となっている。4月3日、設立に向けた3社の合意が得られたと発表された。

トヨタグリーンエナジーは、国内の再生可能エネルギー電源の取得、運営を行う。これは将来のトヨタグループの電力供給を見越した動きだ。

運営を通じ、再エネ電源の自立化に向けたコストダウンや、設備のリプレース等により持続可能性も高めるという。

トヨタは、2018年9月、独立系投資顧問会社スパークス・グループの「未来再エネファンド」に、出資者として参画している。出資額は100億円と見られている。

未来再エネファンドの投資対象は、日本各地の再エネ発電所で、運用期間は25年間。再エネの普及拡大を目的に設立されたファンドだ。


クルマの環境負荷ゼロを目指す

2015年10月の「トヨタ環境チャレンジ2050」は、クルマの環境負荷をゼロに近づけ、持続可能な社会を目指すためのあるべき姿を示したものだ。

その実現のための6つのチャレンジとして、新車走行時のCO2を90%削減することや、グローバルでの工場からの排出ゼロを目指すとされている。今回のトヨタグリーンエナジーの設立も、この目標に沿ったものだ。

トヨタはこれまでも、水素や燃料電池を使った次世代自動車の開発に力を入れてきた。2018年3月には日本水素ステーションネットワーク合同会社を設立し、水素ステーションの整備も推進している。

一方、2019年の東京モーターショーでは、1名から2名向けの超小型EVが、6車種発表された。東京オリンピック・パラリンピックでの利用を想定した「e-Palette」も、自動運転技術を搭載したEVだ。

自動車の原料の調達から製造、利用、そしてリサイクルまで含めた“ライフサイクル”のすべてにおいて、CO2削減を徹底する姿勢が貫かれている。今回の再エネ調達のための新会社設立は、この達成に向けた大きな一歩だ。


DATA

再生可能エネルギー発電事業を推進する「トヨタグリーンエナジー」を設立


文/山下幸恵(office SOTO)

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言
  3. もう草刈りには戻れない! リピーターが続出する「防草シート」の魅力とは?...
  4. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  5. 12/3(木)「全国ソーラーシェアリング サミット」開催! オンラインでどこでも参加可能...
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  8. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース