政策・マーケット

新型コロナで電力・ガス料金の支払い1ヶ月延長 3月25日から受付

拡大する新型コロナウイルス感染症の影響。電力・ガス各社は、各種料金の支払い期限を1ヶ月延長すると発表した。対象は、緊急小口資金又は総合支援資金の貸付を受けた人で、3月25日から受付中だ。さらに、在宅勤務を応援する電力プランなど、各社から新サービスも登場している。

延長、適用には申込みが必要
電力・ガスの他に水道、通信も

2020年3月19日、経済産業省は電力・ガス事業者に対し、新型コロナウイルス感染症の影響で、電気・ガス料金の支払いが難しい人を対象に、支払いの猶予などについて、柔軟に対応するよう要請した。

これは、政府の新型コロナウイルス感染症対策本部による「生活不安に対応するための緊急措置」(2020年3月18日発表)を踏まえたものだ。

これを受け、電力・ガス各社は各種料金の支払いを1ヶ月延長する特別措置を発表。

特別措置の対象は、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、緊急小口資金又は総合支援資金の貸付を受けた人だ。特別措置を受けるには、電気・ガスの使用者からの申し込みが必要で、各社は3月25日から申し込みを受け付けている。

「生活不安に対応するための緊急措置」では、他にも上下水道料金やNHKの受信料、電話料金などの公共料金、社会保険料や国税・地方税についても、迅速かつ柔軟に対応するよう要請している。

在宅勤務・自宅学習の支援策も

北海道電力では、子どもの自宅学習の支援策として科学の実験・工作キットを無料配布した。

これは、現在休館中の同社の「科学であそぼ おもしろ実験室」で使用しているもので、小中学生向けの教材だ。3月11日に第1弾として、道内在住の900名に、同26日には1,000名に配布した。いずれも受付は終了している。

また、丸紅新電力では在宅勤務などで電力料金が増えている家庭向けに「在宅応援キャンペーン」を実施している。

丸紅新電力の公式WEBサイトからの新規の申込みを対象に、Amazonのギフト券3,000円分をプレゼントするという内容だ。

対象のプランは、従量電灯A~Cの「プランS」と従量電灯Cの「プランL」で、申込み期間は3月9日から4月12日までとのこと。

DATA

経済産業省プレスリリース「新型コロナウイルス感染症の影響を受け、電気料金の支払いなど生活に不安を感じておられる皆様へ


文/山下幸恵(office SOTO)

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  5. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース