注目キーワード

政策・マーケット

FIT太陽光第6回入札スケジュールが決定。受付開始は6月12日から

新型コロナによる影響で延期とされていた、太陽光第6回の入札スケジュールが決定した。入札募集は10月19日からとなり、約2ヶ月遅れのスタートだ。これまでどおり、年2回の実施は維持された。第6回の非落札者が第7回に参加できるよう、特別な配慮も発表された。

新型コロナウイルスの影響で
約2ヶ月遅れの受付開始

6月5日の調達価格等算定委員会で、経済産業省は延期していた2020年度のFIT(固定価格買取)制度の入札スケジュールを発表した。太陽光第6回入札について、6月12日から事業計画の受付を開始し、7月22日を締切とする案で合意した。(参考『太陽光入札にも新型コロナの影響! 第6回入札が延期に。再開時期は未定』)

太陽光第6回の入札募集開始は、当初の8月11日から10月19日と変更された。延期前のスケジュールから約2ヶ月ほど後ろ倒しになった格好だ。入札募集の締切は10月30日、結果の公表は11月6日の予定だ。

バイオマス第3回と着床式洋上風力第1回については、当初の予定どおり6月12日から事業計画の受付を開始する。事業計画の締切は2週間延長され、7月22日となった。なお、入札募集開始が12月8日、締切が同月18日という当初のスケジュールから変更はない。

(出典:経済産業省)

第6回の非落札者に限り
第7回の事業計画締切を別途設定

延期後の太陽光の入札スケジュールの決定にあたり、議論のポイントになったのは、第7回入札との兼ね合いだ。第6回で落札できなかった事業者も、第7回に参加できるよう配慮された。

太陽光第7回入札は、当初のスケジュール通り、事業計画を8月21日から9月4日の間で受け付ける。今回、決定したのは、第6回で落札できなかった事業者に限り、受付期間を別途設けることだ。11月6日から同月13日を、第6回の非落札者の受付期間とし、第6回で入札資格を得た事業計画から変更がないことが条件とされた。

2020年度の太陽光入札は、例年どおり年2回の実施となり、募集容量は各回とも750MW、計1,500MWとすることも決定した。


DATA

第57回 調達価格等算定委員会


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  2. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  3. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  4. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  5. カーボンニュートラル宣言から10ヶ月「なぜ脱炭素が必要なのか」原点に戻って考える...
  6. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  7. 改正温対法の「ポジティブゾーニング」とは? 許認可をワンストップとする特例も...
  8. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  9. 太陽光発電、導入量米国No.1! カリフォルニア州の注目制度、CSIとは
  10. 第6次エネルギー基本計画の素案まとまる! 2030年エネルギーミックス暫定版も提示...

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.38 | ¥0
2021/7/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース