政策・マーケット

SoftBank孫氏登壇 アジアの自然エネルギー活用法は?

9月9日、自然エネルギー財団 設立5周年記念シンポジウムが開催された。同財団の設立者・会長である孫正義氏が4年ぶりに登壇し、「アジアスーパーグリッド構想」についてスピーチした様子が、ストリーミング視聴できる。

9月9日、自然エネルギー財団 設立5周年記念シンポジウムが東京国際フォーラムで開催された。同財団は「自然エネルギーを基盤とする社会の構築」などを掲げて、2011年8月、孫正義ソフトバンクグループ会長により創設された。5周年を記念する今回のシンポジウムには、孫氏が4年ぶりに登壇し、アジアの豊富な自然エネルギー資源活用を目指す「アジアスーパーグリッド構想」についてスピーチした。

シンポジウムPart1では、本格的な自然エネルギーの拡大が始まったアジアに焦点をあて、国際的な電力ネットワーク構築の意義と実現への道筋を示す。中国国家電網公司のトップを最近まで務めていたリウ・ゼンヤ氏や、韓国電力公社のチョ・ファンイク社長の登壇も予定されており、注目を集めている。Part2では、世界各国で急速に進む化石燃料離れと、自然エネルギー投資に急転換するビジネス最前線の動きを紹介。Part3では、自然エネルギー100%に向かう米国ハワイ州エネルギー庁長官のマーク・グリックが登場し、地域からのエネルギー転換についてレクチャーする。

このように同シンポジウムは、アジアの電力ネットワーク、世界のエネルギービジネス、地域のイニシアティブという3つの視点から「脱炭素の時代」に向けたエネルギーの姿を描き出す。

同財団のUSTREAMチャンネルでストリーミング視聴が可能だ。ぜひ視聴してみよう。
■ストリーミング視聴は下記サイトより
USTREAM: 公益財団法人 自然エネルギー財団

 

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  3. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  4. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  5. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  6. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  7. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  8. 2019年春スタートの「森林経営管理制度」バイオマスへの影響は?
  9. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース