注目キーワード

政策・マーケット

「発電側課金」、脱炭素宣言などを受け引き続き検討。2022年内に結論の見通し

発電事業者に対し、再エネの系統連系コスト負担を新たに求める「発電側課金」の続報だ。脱炭素化のニーズの高まりなどによって、導入を1年後ろ倒しした2024年度を念頭とすることが明らかになった。2022年内を目途に検討が続けられるため、今後の議論にも注目だ。

数年来の懸念事項「発電側課金」
業界団体や企業から見直しの声も

「発電側課金」とは、再生可能エネルギーの系統連系の増加によって予想される送配電ネットワーク関連のコストをまかなうため、発電事業者に新たに課される費用負担のことだ。発電側課金は、当初は「発電側基本料金」という名称で検討がスタートした。しかし、検討を重ねるうちに発電容量(kW)だけでなく発電電力量(kWh)に応じて課金を按分するという方向性になり、発電側課金と呼ばれるようになった。(参考『【続報】発電側基本料金、電力量にも課金へ。容量課金とは1対1の比率』)

発電側課金については約2年前から検討が続けられてきたが、再生可能エネルギーの導入拡大が求められる中、JPEAなどの業界団体や民間企業からも見直しの声が多く挙がっていた。

脱炭素宣言を受け導入1年見送り
2022年内の結論に向け検討続く

12月24日の経済産業省の第38回 再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会では、この発電側課金について再び言及された。政府による2050年カーボンニュートラル宣言や2030年のCO2排出量46%削減といった社会情勢の変化を考慮し、発電側課金の導入を1年後ろ倒しした2024年度を目指すとした。

実際に、2021年10月に閣議決定された第6次エネルギー基本計画では「発電側課金制度の円滑な導入に向けて、導入の要否を含めて引き続き検討を進める」とされている。その一方で、同委員会では経産省から「(再エネ発電の)支援制度と(発電側)課金もセットで考えていきたい」という発言もあった。2022年内を目途に発電側課金の導入について結論が出されるとみられるため、今後の検討の行方を注視していきたい。

DATA

経済産業省 総合エネルギー調査会 省エネルギー・新エネルギー分科会/電力・ガス事業分科会 再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【参加無料】5月27日(金)「第22回PVビジネスセミナー」
  2. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. ファーウェイの住宅向け蓄電池が人気! 中小施設の自家消費ソリューションに。...
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  9. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  10. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.41 | ¥0
2022/4/28発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース