スマート関連

EV×自動運転 次世代を彩るモーターショー内容を紹介

2017年9月に開催されたフランクフルトモーターショーでは、次世代を彩る多くの魅力的なEVが出品され、EVシフトの大きな流れを感じさせる展示会となった。

フランクフルトショーで
次世代EVが競演!

フランクフルトショーはEVシフトが鮮明になり、フォルクスワーゲン・アウディ、メルセデス・ベンツ、BMWのジャーマンスリーは相次いで電動車両のコンセプトカーを持ち込んだ。EVに自動運転の組み合わせ、これが次世代のトレンドになっている。


ショーの主役は、次世代のEVと自動運転技術だった。

VWアウディグループは5年でEVに60億ユーロを投資し、2025年までに23車種を送り出す。VWは2モーター、4WDのクロスオーバーSUV、I.D.CROZZⅡをお披露目した。アウディもテスラに対抗してエレーンと名付けた高性能EVを参考出品した。レベル4の自動運転技術も採用している。この2台のコンセプトカーは市販を前提としており、航続距離は欧州の計測モードで500km以上だ。

【Audi】
アウディはEVと自動運転技術を前面に押し出し、写真のエレーンは2019年に量産化を予定している。また、流麗なアイコンも出品した。

メルセデス・ベンツは売れ筋のCセグメントに、先進的なデザインとツインモーター、急速チャージ採用のコンセプトEQA、そして完全自動運転EVのスマートビジョンEQフォーツーを出品した。

【Mercedes-Benz】
ベンツはプラグインハイブリッドに続き、電動化ブランドの「EQ」を立ち上げた。その最新作がコンセプトEQAだ。

BMWもピュアEVのミニ・エレクトリック・コンセプトを送り込んだ。i3にはスポーツモデルが加わる。

【BMW】
電動化戦略のiシリーズの第3弾として送り出したのがiビジョンダイナミクスで、最高速度は200km/h、航続距離は600km以上だ。

12
  • 関連記事

    アクセスランキング

    1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
    2. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
    3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
    4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
    5. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
    6. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
    7. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
    8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
    9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
    10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

    フリーマガジン

    「SOLAR JOURNAL」

    vol.30 / ¥0
    2019年7月31日発行

    お詫びと訂正

    ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース