注目キーワード

スマート関連

スマートマスター5000名突破。スマートハウスに追い風!

次世代住宅として注目を集めるスマートハウスのアドバイザー「スマートマスター」が5000名を突破した。スマートハウスの普及拡大に、いっそう弾みがつきそうだ。

スマートハウスは住む人の
幸せを追求する住まい

一般財団法人 家電製品協会は5月21日、東京都内のイベントホールで「スマートマスター5000名突破記念式典」を開催した。スマートマスターとは、「スマートハウス」に関する専門知識を習得した人材に与えられる同協会の認定資格。制度導入後3年目を迎えた今年、5月1日付で新たに1,193名が資格を取得(3月に全国統一認定試験を実施)し、これまでに誕生したスマートマスターは合計5,088名となった。

アンバサダーの奈津子氏を囲んで、表彰受賞企業の皆さんと主催者(家電製品協会)。

スマートハウスは、これからの住宅が目指すべき姿であり、同協会では、「暮らす人の幸せを追求する住まい」がスマートハウスであるとして、次の2つのメリットを掲げている。①電力を中心とするエネルギー消費効率の向上。②そこに暮らす人々のニーズやライフスタイルに合わせた各種サービスの提供

「①エネルギー消費効率の向上」については、住まいの断熱性能を向上し、「創エネ」「蓄エネ」「省エネ」によるエネルギーマネジメントの徹底などにより、実質的なエネルギー消費量をゼロにする住まいZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を目指す。創エネにおいては太陽光発電システムの設置、蓄エネについては家庭用蓄電池の導入、省エネに関してはエアコンや照明をはじめとした省エネ機器の導入とHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)が大きなカギを握る。

「②各種サービスの提供」では、IoT、AI、ビッグデータ、ロボットなどの先進技術を活用し、これまで単独で使われてきた機器やサービスを総合的に連携させることがポイントとなる。想定されるサービスはエネルギーに関することに留まらず、高齢者の見守りや家族健康管理などのホームヘルスケアサービスや、防犯・防災などのホームセキュリティサービスも含まれる。

12>

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  2. 【参加無料】2月25日(金)「第21回PVビジネスセミナー」オンライン開催
  3. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  8. 脱炭素先行地域、第1回目の募集がいよいよスタート! 自治体の脱炭素が加速する...
  9. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.39 | ¥0
2021/10/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース