注目キーワード

スマート関連

東北電力と4社、V2G実証継続 3つのビジネスモデルを模索

10月23日、東北電力は2018年度から実施しているV2G実証プロジェクトを拡大すると発表した。日産自動車、三井物産、三菱地所、リコージャパンの4社と、さらなる検証を通しV2Gの新しいビジネスモデルを模索する。

VPP構築実証事業に採択
リコーが新たに参加

東北電力は10月23日、日産自動車、三井物産、三菱地所、リコージャパンの4社と、電気自動車(EV)の蓄電池を活用し、電力系統に接続して充放電する技術(V2G:Vehicle to Grid)の構築に向け、2020年3月31日まで共同で実証プロジェクトに取り組むと発表した。

この実証プロジェクトは、2018年度資源エネルギー庁の補助事業「平成30年度需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業」の一環として取り組んできたものだ。同補助事業に今年度も採択されたため、継続することを発表した。リコージャパンは今年度から新しく参画する。



EV利用パターンに合わせ
3つのビジネスモデル検討

今年度は、仙台うみの杜水族館に隣接の駐車場に充放電スタンドを2台、リコージャパン仙台東事業所・郡山事業所の駐車場にそれぞれ1台ずつ充放電スタンドを設置する。複数箇所に設置されたEVバッテリーの充放電を遠隔で同時に制御し、電力需給バランスの調整動作の正確性を検証する。

昨年度は、仙台ロイヤルパークホテルの地下駐車場に設置した充放電スタンド2台とEV2台で、基本的な制御方法の特性などを把握した。

さらに、ビジネスモデル検討のため、それぞれ事業形態の異なる「①カーシェアモデル」、「②観光施設モデル」、「③事業所モデル」に分類し、新たなサービスの開発に向けた検討も進めるという。このうち「①カーシェアモデル」はEVのカーシェアリング事業を昨年度構築済みで、日産自動車が中心にその運営を行っている。

「②観光施設モデル」は仙台うみの杜水族館において一般ユーザーのEVを対象に、「③事業所モデル」はリコージャパン仙台東事業所・郡山事業所において社有車のEVを対象に実証が行われる予定だ。



DATA

東北電力株式会社


文/山下幸恵

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 洋上風力導入が日本で本格発進! 経済波及効果は15兆円との試算も
  3. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  4. 2020年以降「農業主体」がソーラーシェアリングの新常識に!
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  7. 養殖マグロで発電!? 小学生のエネルギー戦略が凄い!
  8. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  9. 電気事業法50年に一度の大改正へ! 配電事業者の免許制には賛否両論
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.34 / ¥0
2020年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース