スマート関連

IIJデータセンターにテスラ製蓄電池導入 マルチユースを想定

インターネットイニシアティブは10月21日、自社の白井データセンターキャンパスにテスラ製リチウムイオン蓄電池「Powerpack」を導入したと発表した。11月1日から稼働し、ピークカットやピークシフト運用により、空調電力の約15%削減を目指す。

蓄電池によるピークカット
15年で5000万円の削減

株式会社インターネットイニシアティブ(東京都)は、自社の白井データセンターキャンパスにテスラ製リチウムイオン蓄電池「Powerpack」を導入し、11月1日から稼働している。

同社は通信インフラを提供する事業者として、環境性能に優れたデータセンターの構築を進めてきた。同データセンターでは、すでにエネルギー効率の高い外気冷却空調とAIによる空調制御などで、電力利用効率の最適化を図っている。外気冷却空調とは、外気温度が室温より低いかまたは冷房送風温度に近い場合に、冷凍機を運転せずに送風運転のみを行うことで、エネルギー消費量やCO2の発生を抑える空調システムだ。

しかし、このシステムは外気温が約13〜20℃のときに有効であり、夏場は利用ができない。このため、夏季のピークカット対策として蓄電池の導入を決定したという。

今回導入されたPowerpackは、三相400V、出力436kW、容量696kWh。これは、同データセンター内のサーバーを最大4時間稼働できる容量だという。このうち5~10分の稼働に必要な容量を非常用として常時保持し、残容量をピークカットに使用する。

電力使用の平準化による契約電力の引き下げによって、空調で利用する電力のデマンド値の約15%の削減を目指す。



蓄電池はマルチユース利用
余剰吸い込み、BCP対策も

同社はPowerpackを分散型エネルギーリソースとして、さまざまなエネルギーマネジメントへマルチユース、つまり用途を拡大する予定だ。太陽光発電などの再生可能エネルギーと組み合わせることで余剰電力の吸い込みや、出力変動の安定化の実現を目指すほか、BCP(Business Continuity Plan=事業継続計画)対策として、停電時の電力供給、情報提供拠点としての応用も予定している。

今回の導入は、関西電力の100%子会社である株式会社関電エネルギーソリューション(大阪府)の「ユーティリティサービス」として導入されたものだ。この「ユーティリティサービス」は、初期投資なしで蓄電池などのエネルギーマネジメント設備を導入可能で、設計から施工、設置後の保守まで関電エネルギーソリューションが一元管理する。契約期間は原則15年で、設備維持コストの平準化に寄与するサービス内容となっている。

DATA

株式会社インターネットイニシアティブ


文/山下幸恵

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  3. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  4. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  5. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  6. 雑草対策にはどんな種類がある? 軽視できない太陽光発電所の“雑草問題”②...
  7. 速報! 2020年度FIT買取価格・賦課金が決定! 低圧は認定要件も変更
  8. 経産省が9社の送配電分離を認可! ついに電力システム改革は最終局面へ
  9. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.32 / ¥0
2020年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース