スマート関連

REXEVと鈴与商事が業務提携。今、エネルギーの“面的”利用が熱い!

面的なエネルギー利用が加速している。EVによるエネマネを得意とする株式会社REXEVとVPP事業に取り組む鈴与商事株式会社が、業務提携を発表。蓄電池や電気自動車を活用した、面的なエネルギープラットフォームの構築を目指す。

EVの充放電でピークカット
再エネを優先給電も

株式会社REXEVと鈴与商事株式会社は、充電施設を起点とした地域の面的な再生可能エネルギー・EV(電気自動車)活用プラットフォームの構築支援において、4月1日付けで業務提携したと発表した。

事業スキームは、以下のとおり。対象となる需要家施設に、蓄電池や太陽光発電設備、電気自動車充放電設備(V2B)を新設する。これらの設備を、REXEVと鈴与商事がエネルギーマネジメントし、再生可能エネルギーの有効活用やピークカットによるコストダウンを目指す。



具体的には、太陽光発電による発電量が多く余剰電力の発生する昼間などに、EVを充電させる。これにより、EVに充電される再生可能エネルギーの利用効率をアップさせる。また、施設の電力需要が高いピーク時間を予測し、充放電時間をコントロールすることでピークカットにつなげる。さらに、災害などの停電時には、EVを活用して太陽光発電設備を再起動させ、給電可能な状況を作り出す。

※V2Bとは、”vehicle to building”の略で、EVを蓄電池のように使い、EVとビルとの間で電力を相互供給する技術を指す。

EVとVPP事業の強力タッグ
面的プラットフォームの構築へ

2019年設立のREXEVは、EVとV2Bをコントロールするエネルギーマネジメント技術に長けている。同年11月には、小田原市、湘南電力株式会社とともに環境省の「脱炭素型地域交通モデル構築支援事業」に採択された。これは、再生可能エネルギーで充電したEVでカーシェアリングをするもの。2020年6月の本運用に向け、現在は試験運用中だ。(参考:環境省が公募の結果! 小田原市などEVカーシェア実証「地域交通版『RE100』」

鈴与商事は、静岡県を中心に電気、ガスなど幅広いエネルギービジネスを手がけている。2017年2月には、静岡市などと「エネルギーの地産地消業務」の受託に関する基本契約を締結。VPP(バーチャルパワープラント)事業に力を入れている。VPPとは、太陽光発電設備などの分散型電源をコントロールし、あたかも1つの発電所のように統合制御するシステムだ。

今回のタッグでは、両社の強みを活かしながら、再生可能エネルギーの効率的な利用の最大化を目指す。


DATA

鈴与商事株式会社
株式会社REXEV


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

アクセスランキング

  1. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  4. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  5. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  8. “コロナ後”の日本を変えるのは「地域の具体策」である
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース