注目キーワード

スマート関連

“カーボンニュートラル”に向けた欧州の2つの取組み

最新のソーラー技術で世界を変える! 今回は2030年までのカーボンニュートラルに向けて、新たな取組みをはじめた、イギリスとフランスの事例を紹介する。

上の写真:市内ピカデリー・サーカス駅とリージェント・ストリート
©visitlondon.com/Antoine Buchet

運行は全て再生可能エネルギー
ロンドンが目指す未来の交通

ロンドン交通局が地下鉄の使用電力を再生可能エネルギー化させる市場テストを始めた。ロンドン交通局は、毎年1.6TWh(43.7万戸相当)を使う、ロンドンでもっとも大きな電力消費者だ。地下鉄だけで1.2TWhを消費している。

ロンドンのカーン市長は、2030年までにロンドンの列車網をゼロカーボンとする公約を掲げている。市内鉄道網の再エネ化は、カーボンニュートラルに向けた大きな一つのステップだ。

自分のエネルギーは自分で作る
仏の空港がソーラーパーク建設


シャルル・ド・ゴール空港にある「ソーラーファーム」の様子。
©Groupe ADP

パリ・シャルル・ド・ゴール空港などを運営するADPグループは、2030年までのカーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量をゼロ)に向けて、フランス国内3ヶ所にソーラーパークを建設する。

40ヘクタールの敷地で年47GWhを生産。これはパリ3空港の電力の10%を占め、照明設備の約半分にあたる発電量だ。稼働は2021年。同社は自らの需要を補うためにソーラーパークを建てるフランスで最初の会社となる。


文/Yukinobu Kato

SOLAR JOURNAL vol.34(2020年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 菅首相、所信表明で「2050年に温室効果ガス排出ゼロ」を宣言
  3. 既存のクルマを電気自動車に!? 改造EVが町にあふれる日(前編)
  4. ついに、FITからFIPへ! 市場価格に上乗せされる「プレミアム」ってどう決まる?...
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  8. 【ニーズに適した蓄電池が登場】エクソルが住宅用蓄電システムにファーウェイを選んだ理由とは?...
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. FIT太陽光第6回入札、落札価格はさらに下落。依然として容量未達が課題

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.35 | ¥0
2020/10/31発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース