注目キーワード

スマート関連

ロンドン、排ガス規制区域を拡大。EVへの切り替え進む?

自動車の普及により、地球の環境は大きく変化した。その問題を解決すべく、ヨーロッパ各国は2021年にCO2排出量規制を強化するとされている。イギリス・ロンドンでの排ガス規制の取り組みに注目しよう。

上の画像:EVバスに乗り込むロンドンのサディク・カーン市長。©Greater London Authority

排ガス規制ゾーンをさらに拡大
進むロンドンのゼロエミッション化

ロンドン市が車の排ガス規制区域をさらに拡大する。2019年4月より同市中心部では「超低排出ゾーン(ULEZ)」が敷かれ、排ガス規制を満たしていない車両へ通行料の支払いが義務付けられていた。2021年10月からその範囲を南北の環状線まで拡大する。

通行料は車の重さで変動し、障害者用自動車、タクシー、40年超のクラシックカーなどは除外となる。市内を走る2階建て路線バスもEV車両に切り替えが進む。


文:Yukinobu Shuzui

SOLAR JOURNAL vol.37(2021年春号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【参加無料】5月27日(金)「第22回PVビジネスセミナー」
  2. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. ファーウェイの住宅向け蓄電池が人気! 中小施設の自家消費ソリューションに。...
  7. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  8. 自家消費の次なる手段「自己託送」のメリット・デメリット
  9. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
  10. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.41 | ¥0
2022/4/28発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース