太陽光発電

機能美に優れた新・追尾式太陽光発電システム!

機能美と高性能を兼ね備えた新型の追尾式太陽光発電システム「smartflower」が欧州で発売されている。太陽光発電を"スマートに"暮らしに取り入れられるユニークな製品だ。

洗練されたデザインと高機能を両立
庭に設置できる追尾式太陽光発電システム

smartflower(スマートフラワー)を作ったのはオーストリアのsmartflower energy technology GmbH。このスマートフラワーは名前の通り、12枚の太陽光パネルが中心部から花のように開いており、従来の太陽光発電システムのビジュアルイメージを大きくくつがえすものだ。そのデザイン性は既に高く評価されており、デザインの革新性や機能性、エコロジーへの貢献度などを基準として審査するレッド・ドット・デザイン賞を2016年に受賞した。その他にもこれまでに5つの賞を受賞し、洗練された造形は各所で太鼓判を押されている。

優れているのはデザインだけではない。機能性も確かであり、smartflowerは発電効率が重視された製品となっている。最も特徴的な機能は、太陽光追従機能だ。この機能により、smartflowerはピーク発電の時間を長くとることができ、従来のパネルに比べて40%も発電量が多いという。年間の発電量は総計すると4,000kWhに上り、欧州の一般的な家庭での1年間の平均消費電力を上回る。

開発者たちは安全対策も徹底した。特に、庭に設置するタイプの太陽光パネルであるため、強風対策は万全だ。smartflowerは、風速が63km/hを超えると羽が全て自動で閉じられ、畳まれるようになっている。さらに、センサーが風速を独自に判断し、風が弱まってきたら自動で発電が再開されるのだ。

そして、万全の対策が施されているのは安全性だけではない。防塵対策もユニークだ。smartflowerは朝になると羽根が開き、日没になると羽根が閉じて収納されるようになっている。朝晩に羽根同士が合わされるという特徴を活かし、パネルが開くたびに羽根についたブラシがこすれ、汚れが落ちる設計になっている。そのため、汚れの付着による発電効率の低下を防ぐことが可能なのだ。

デザインにこだわって建てた自宅の屋根に、太陽光パネルを設置するのはちょっと……とためらっていた人も、smartflowerならスタイリッシュに太陽光発電を取り入れられるかも?

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. コロナによる電力需要減を受け、日本でも「再エネ主力電源化先取り」の兆しが!...
  3. まるでスクーター! オランダ発、屋根上パネル搭載の小型EVが登場!
  4. 出展社募集中! 業界初の太陽光発電の「オンライン展示会」開催が決定!...
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. コロナ禍で広がる経済への影響。世界と再エネの展望は「安全、安心」が開く...
  8. 新潮流「JHS」が自家消費を加速させる! カギとなる2大ソリューションとは?...
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.33 / ¥0
2020年4月30日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース