編集部からのお知らせ

【エグゼクティブインタビュー】家庭用蓄電システムを牽引するニチコンの脱炭素化への取り組み

2050年脱炭素化実現に向けて、大きく動きはじめた日本。脱炭素化の実現へ、企業は何に取り組むのか? 再エネ活用を後押しする製品を提供するニチコンに、企業としての取り組みを聞いた。

脱炭素化に向けた
取り組みを教えてください。

当社は、環境・エネルギー分野の製品を創造し、低炭素社会の実現に寄与するため、NECST(Nichicon Energy Control System Technology) プロジェクト(現NECST事業本部)を2010年に発足し、ビジネスを展開しています。

2012年には家庭用蓄電システムを業界に先駆けて開発・市場導入し、家庭用蓄電システムのリーディングカンパニーとしてこれまで累計8万台以上を販売しています(2020年9月現在)。 日本の温室効果ガス排出を「実質ゼロ」という目標に向けて、再生可能エネルギーのさらなる活用に必要不可欠な蓄電システムでビジネスの拡充に取り組んでいます。

脱炭素化に向けて、
今後どのようなアプローチをしていきますか?

当社には、家庭用蓄電システムだけでなく、V2Hシステム、EV・PHV用急速充電器、公共・産業用蓄電システムなど幅広い環境・エネルギー分野の製品があります。蓄電システムとEV関連機器の技術を持つ当社の強みを活かして、価値ある製品を創造し、環境社会へ貢献できる新製品の開発や販売活動を進めてまいります。

PROFILE

ニチコン株式会社
電源センター 蓄電システム企画部 主任

末沢 悠氏


SOLAR JOURNAL vol.36(2021年冬号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 【募集終了】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  2. いつまで続けるのか、ガソリン補助という愚策
  3. 蓄電池市場は拡大を継続すると見られ、2040年には8兆円超え⁉
  4. 健全化に向けてFIT/FIPのルール強化! 再エネ特措法の改正ポイントは?
  5. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  6. 【電力取引の多様化】一本化で拡大する電力先物の現在地とこれから
  7. 【東京都】2025年の太陽光発電設備設置義務化に向け、「首都圏初」となる設置事例...
  8. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  9. 専門家に聞いた! 日本に「垂直ソーラー」が必要な理由とは?
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ