編集部からのお知らせ

【エグゼクティブインタビュー】脱炭素化に向けたファーウェイの取り組み

2050年脱炭素化実現に向けて、大きく動きはじめた日本。再エネ活用を後押しする製品を提供する注目のメーカー「HUAWEI」に、企業としての取り組みを聞いた。

脱炭素化に向けた
取り組みを教えてください。

ファーウェイは脱炭素化社会の実現に向けて、2014年に深圳工場に設置された屋根型太陽光発電所(17.5MWp)を運転開始し、消費電力の約10%を自家発電で賄っています。他にも自家消費型太陽光システムを導入することで年間12.5億kWhの再生可能エネルギーを利用し、CO2排出量を57万トン削減できました。

脱炭素化に向けて、
今後どのようなアプローチをしていきますか?

住宅用PVS市場の拡大に向けて、住宅用蓄電システムを発売開始。ハイブリッド型PCSにAFCI機能搭載、直流アークを0.5秒以内に即断する。モジュール型蓄電池は5kWh~30kWhまで柔軟に拡張可能です。さらに停電時、システムは最短5秒以内で自立運転モードに自動切換。当社の技術力で省エネの暮らし方をさらに普及させたいと考えています。

PROFILE

華為技術日本株式会社
デジタルパワー事業部(日本&韓国) 本部長

張 巍巍(ジャン ウェイ)氏


SOLAR JOURNAL vol.36(2021年冬号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. ペロブスカイト太陽電池、今月下旬に官民協議会を設立 導入目標を策定へ...
  2. 【終了】5/28(火) ケーブル盗難のリアルを知るための「太陽光のリスク管理」セミナー開催...
  3. 太陽光パネルの増設・更新を促進! 2024年度にルール見直し
  4. 太陽光発電所 銅線ケーブルの盗難被害が相次ぐ 銅の価格上昇が背景に
  5. 高効率N型の最先端「ABCモジュール」。AIKOが日本向けラインナップを拡充
  6. 初回の長期脱炭素電源オークション、976.6万kW約定。蓄電池で厳しい競争
  7. 脱原発完遂のドイツの電源構成、どうなるエネルギー費の再高騰リスク?
  8. CO2OSは、最高の『技術サービス力』で厳しい業界をサバイブ‼【求人募集】...
  9. 【 参加受付中!】2024年7月25日(木)「第30回PVビジネスセミナー」
  10. グリッドコードとは? 太陽光発電事業者も知っておくべき系統運用の新ルール...
太陽光業界最新ニュース

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.49 | ¥0
2024/04/30発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ