太陽光発電

宇宙開発の最高責任者のプロがつくった太陽光パネル

宇宙開発での高い技術力を背景に、太陽光発電事業で存在感を増す中国の航天機電。その成長を支える陰に、中国国家で宇宙開発分野の最高責任者まで務めた、1人のプロフェッショナルがいた。

中東最大の工場が完成
宇宙を熟知し地上用へ

1960年代から人工衛星などの宇宙開発を手がけ、この分野で強い存在感を示しているのが、航天機電の親会社である中国航天科技集団だ。人工衛星の電源である太陽電池の開発や生産を皮切りに、今では太陽光パネル、発電プロジェクトの開発、EPC、O&Mまで一貫して太陽光発電システム開発に取り組んでいる。航天機電の太陽光パネルの年間生産能力は1.8GWに達する。

最近では、トルコのインスタンブールに新工場が完成し、2017年はセルを年間300MW、パネルを年間600MW、生産開始する予定だ。中東では最大の太陽光関連工場という。
そんな同社の上席技術官である張忠衛氏は、1964年生まれで、大学では半導体物理学を学んだ。

「この専門のために生まれてきた」と自覚した張氏は、1985年に大学卒業後、2008年まで、中国における衛星、宇宙船、スペースステーションなど、多くの宇宙関連設備の重要な電源開発にたずさわってきた。専門分野一本で歩んできたエキスパートだ。2000年以降、張氏は太陽光発電の普及を推し進めるため、民間用の太陽光発電技術開発に軸足を移してきた。

「宇宙と地球の地上ではまるで環境が違います。宇宙ではマイナス100℃からプラス100℃の温度差があります。太陽光の照射量も違いますし、何より湿度がありません。そうした宇宙における太陽光の特性を熟知した上で、地上用の太陽光発電の製品開発を進めています」と張氏は話す。

12

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 11/19(火)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  3. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  4. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  7. 12/3(火)開催PVビジネスセミナー「主力電源化への展望と高効率モジュールの役割」
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  10. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース