太陽光発電

太陽光で通信&充電OK! エネルギー自律型の街路灯

現在ニューヨークでエネルギー自立型街路灯を開発中。その仕組みとは? 公道や公園といった公共空間、企業のオフィス群、大学のキャンパスなどでの実用化が見込まれているシステムを紹介!

米ニューヨークで開発がすすめられている「トーテム」は、太陽光発電システムと蓄電システム、Wi-Fiホットスポット、電気自動車用充電スタンドを統合させた、エネルギー自律型の多機能な街路灯。太陽光で発電したエネルギーを街路灯やデータ通信サービス、電気自動車への充電に利用できる仕組みとなっている。エネルギー・通信・モビリティのためのインフラが欠かせない現代社会において、公道や公園といった公共空間、企業のオフィス群、大学のキャンパスなどで需要が見込まれており、2017年夏には実用化される見通しだ。

Totem


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.21(2017年春号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  2. 11/19(火)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  3. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演
  8. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース