注目キーワード

太陽光発電

太陽光で通信&充電OK! エネルギー自律型の街路灯

現在ニューヨークでエネルギー自立型街路灯を開発中。その仕組みとは? 公道や公園といった公共空間、企業のオフィス群、大学のキャンパスなどでの実用化が見込まれているシステムを紹介!

米ニューヨークで開発がすすめられている「トーテム」は、太陽光発電システムと蓄電システム、Wi-Fiホットスポット、電気自動車用充電スタンドを統合させた、エネルギー自律型の多機能な街路灯。太陽光で発電したエネルギーを街路灯やデータ通信サービス、電気自動車への充電に利用できる仕組みとなっている。エネルギー・通信・モビリティのためのインフラが欠かせない現代社会において、公道や公園といった公共空間、企業のオフィス群、大学のキャンパスなどで需要が見込まれており、2017年夏には実用化される見通しだ。

Totem


文/松岡由希子

SOLAR JOURNAL vol.21(2017年春号)より転載

関連記事

太陽光関連メーカー一覧

アクセスランキング

  1. 太陽光発電所の「リパワリング」が変わる! 集中型から分散型へ、パワコンをリプレース...
  2. ライセン、N型HJTモジュールを市場投入。PPA事業、案件開発、海外進出もサポート...
  3. 太陽光の廃棄費用、積立義務化が迫る! いくら? いつから? 徹底解説!
  4. 新・自家消費時代の大本命── トライブリッドにしかできないこと
  5. 「ノンファーム型接続」とは? 再エネ拡大のカギ握る送電ルール見直し
  6. 自分の電気で自宅で過ごそう! 我が家で自家消費をするための準備は?
  7. 新電力の撤退相次ぐ。電力契約のセーフティネット「最終保障供給」とは?...
  8. 日本唯一の卸電力取引所「JEPX」とは? 取引価格はどう決まる?
  9. 2022年度からの「オンライン代理制御」で何が変わる?  低圧含め5エリアで開始か...
  10. 「雑草」がエネルギー源に!? 名城大が発電を実演

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.42 | ¥0
2022/7/29発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース