太陽光発電

パネルの傷をその場で検出!ソクラテスター登場

太陽光パネルの傷は、発電量低下の原因にもなる太陽光発電事業者の敵。目視では発見が難しいため、高額な機械や専門家の手助けが不可欠とされていた。そんな中、傷の検出を手軽に行えるハンディ型の傷探索装置「ソクラテスター®Portable」が開発された。その機能とは?

クラックをその場で発見!
誰でもどこでも簡単に検査

クラックとは、太陽光パネルの内部に発生し、目視では見つけることのできない傷のこと。このクラックが進行すると、スネイルトレイルやホットスポットを引き起こし、発電量低下の要因になりかねない。
そこで開発されたのが、どこでも誰でも手軽にクラックの検査を行うことができる「ソクラテスター®Portable」だ。

「ソクラテスター®Portable」の特徴は以下の3点だ。

①渦電流磁気誘導方式を採用!
目視や光学的に検出の難しいクラックを、磁力を使うことで検出可能に。さらに、EL画像では識別困難な微細なクラックも「ソクラテスター®Portable」なら識別可能!

②場所を選ばずに検査が行える
単3電池4本で10時間作動するため、電源の取れない場所や照明のない夜間の作業場などで使用可能。さらに、連系中も開放中も検査できるため、コストと作業時間の大幅削減に!

③誰でも素早く簡単に使える
操作方法は、太陽光パネルに載せてスライドさせるだけ。備え付けられたセンサーがクラックを検出すると、LEDとブザーが鳴る仕組みになっている。ハンディ型のため長時間の検査もラクラクに行うことができ、別売の延長棒を組み合わせればより効率的に使用できる。

世界初のハンディ型の傷探索装置となった「ソクラテスター®Portable」。太陽光発電事業者の強い味方になってくれること間違い無しだ。

※特許出願中

DATA

株式会社 電子工学センター

関連記事

アクセスランキング

  1. 1位はあの国!? 風力発電導入量の国別ランキング!
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  4. 再エネ先進国は、蓄電池導入コストが電力料金を下回る「蓄電池パリティ」へ
  5. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  8. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  9. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  10. これが日本最大の風力発電所だ!出力80MW/年間発電量1億5000万kWh
産運用EXPO2020

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.31 / ¥0
2019年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース