太陽光発電

PVマスター保守点検技術者 新資格制度がスタート

JPEA(太陽光発電協会)が新たにスタートさせる「PVマスター保守点検技術者」という資格制度。2018年2月より行われる試験の内容や対策について、事務局長の増川氏に伺った。

JPEAが認定する
O&Mのスペシャリスト

太陽光発電協会(JPEA)では、このほど新たに「PVマスター保守点検技術者」制度をスタートさせます。

改正FIT法の施行にともない制定された「事業計画策定ガイドライン」において、広く義務付けられることになった太陽光発電設備の保守点検について、必要とされる知識や技術の習熟度を、JPEAが認定するものです。来年2月25日に全国4ヶ所(東京・名古屋・大阪・福岡)で、第1回認定試験を実施します。これに先立ち、12月には各地で受験に向けたセミナーも開催しますので、ふるってご参加ください。

太陽光発電所を20年・30年と長期安定的に稼働させることは、事業者の利益を超えて、国民全体にとっても大いに意義のあることです。JPEAはこれまでも様々な機会を通して啓蒙に努め、「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」の策定にも取り組んでまいりました。

改正FIT法が施行されてからは、経済産業省による研修会においても毎回、講師を務めています。今回の資格制度は、それらの集大成であるとともに、事業者の皆さんとともに新たなステージを拓く礎となるものです。

ガイドラインが求める
幅広い内容を網羅

認定試験は、「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」を主体に、『太陽光発電システムの設計と施工改訂版5版』(JPEA編・オーム社発刊)および『太陽光発電システム「住宅・地上設置及び保守点検」解説書』(JPEA編・発行、近日発売予定)の内容から出題されます。具体的には、太陽光発電の基礎(基本原理と構成機器)、太陽光発電システムの設計と施工(屋根置き、地上設置)、太陽光発電システムの保守点検、関係法令と手続き等がテーマとなります。

受験資格は、「電気主任技術者」「電気工事士」、および当協会が認定する「PV施工技術者」「PVマスター施工技術者」、以上4つの資格のいずれかをお持ちの方。既にお持ちの資格に「PVマスター保守点JPEAが認定するO&Mのスペシャリストガイドラインが求める幅広い内容を網羅検技術者」の資格を加えることで、O&M事業への取り組みを一層確かなものにしていただければと思います。

合格した事業者は、JPEAのホームページにおいて検索できるかたちで掲載させていただきます。

■関連記事はコチラ
JPEA発足30周年! 記念シンポジウムが開催決定

12

関連記事

アクセスランキング

  1. 太陽光FIT制度、既存案件の買取金額を減額へ! 「未稼働案件」対象に
  2. 大手企業が続々と電力シフト、いよいよ再エネが巨大マーケットに?
  3. 丸紅が石炭火力の権益を「2030年までに半減」と公表、その理由は?
  4. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  5. 台風20号で淡路島の風車が倒壊、日本の風車は果たして”危険”か?
  6. 放っておくと“発電停止”に!? 低圧ソーラー20年運用O&Mが必須な理由
  7. 「HEMS × 蓄電池 × V2H」という住宅の新発想
  8. 九州電力が国内初の出力制御を実施! 「再エネの主力電源化」へ課題
  9. 住宅用太陽光「パネル貼り替えて再FIT契約」は認められず!
  10. ZEH時代を生き残るための蓄電池戦略「まっち」

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース