太陽光発電

「分散せよ。」デルタ電子の新たなソリューション

分散型パワコンの先駆者として業界をリードするデルタ電子。同社は新型パワコンをはじめ、新たなソリューションの提供を進めている。

80kWパワコンで
新たな選択肢を提供

2017年9月に大阪で「パワーコンディショナ製品説明会」を開催したデルタ電子は、新製品ラインナップや蓄電ソリューション、新たな保証体制について発表。
そのなかで、特別高圧用の80kW新型パワーコンディショナ「M88H」の発売を2018年1月の出荷開始に向けて準備していることが明らかにされた。

説明会会場でお披露目された「M88H」。

この製品は、最大変換効率98.88%。起動電圧が低いため朝夕の日射を無駄にせず、2つのMPPT回路とストリング監視機能を備えて発電量UPに貢献する。モジュール下の設置場所確保が難しい場合には水平設置ができるなど、施工面でも特長を有している。

製品保証体制をさらに充実
コールセンターを稼働開始

説明会では、製品保証体制の拡充を図ることも発表された。通常三相機種はセンドバック保証だが、納品後1年以内に交換が必要となった場合には、デルタ電子の技術員が現地対応するという。

同社は2017年10月からコールセンターの運用を開始しており、接続枚数についてのメーカー見解や施工に関する相談など、技術的な問い合わせに対応している。対応スタッフの増員によって、問い合わせ対応の迅速化も進めていく考えだ。

そのほか、システム構築が容易な産業用蓄電池など、太陽光発電所の活用度を高める製品を多数ラインナップするデルタ電子。
太陽光発電という“分散”型電源の普及拡大に貢献し続ける同社の展開に注目だ。

関連記事

アクセスランキング

  1. 自治体新電力が巨大都市と連携!? 「久慈地域エネルギー」の事例
  2. 太陽光発電8設備が初の「FIT認定取り消し」 申請せずに発電事業を実施
  3. 日本企業が「RE100」に続々と加盟、各社のエネルギー計画は?
  4. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  5. 2019年度のFIT調達価格は14円/kWh! 前年度から2割超の大幅減額に!
  6. 重要なのは「安売り」ではない? 自治体新電力が生き残るポイントとは
  7. 4/16(火) 次世代パワエレシンポジウム+PVビジネスセミナー 同時開催!
  8. 「2019年問題」専用サイト開設! エネ庁が注意喚起と情報提供
  9. 地域を潤す再エネ事業「シュタットベルケ」の神髄がここに!
  10. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.28 / ¥0
2019年1月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース