太陽光発電

「分散せよ。」デルタ電子の新たなソリューション

分散型パワコンの先駆者として業界をリードするデルタ電子。同社は新型パワコンをはじめ、新たなソリューションの提供を進めている。

80kWパワコンで
新たな選択肢を提供

2017年9月に大阪で「パワーコンディショナ製品説明会」を開催したデルタ電子は、新製品ラインナップや蓄電ソリューション、新たな保証体制について発表。
そのなかで、特別高圧用の80kW新型パワーコンディショナ「M88H」の発売を2018年1月の出荷開始に向けて準備していることが明らかにされた。

説明会会場でお披露目された「M88H」。

この製品は、最大変換効率98.88%。起動電圧が低いため朝夕の日射を無駄にせず、2つのMPPT回路とストリング監視機能を備えて発電量UPに貢献する。モジュール下の設置場所確保が難しい場合には水平設置ができるなど、施工面でも特長を有している。

製品保証体制をさらに充実
コールセンターを稼働開始

説明会では、製品保証体制の拡充を図ることも発表された。通常三相機種はセンドバック保証だが、納品後1年以内に交換が必要となった場合には、デルタ電子の技術員が現地対応するという。

同社は2017年10月からコールセンターの運用を開始しており、接続枚数についてのメーカー見解や施工に関する相談など、技術的な問い合わせに対応している。対応スタッフの増員によって、問い合わせ対応の迅速化も進めていく考えだ。

そのほか、システム構築が容易な産業用蓄電池など、太陽光発電所の活用度を高める製品を多数ラインナップするデルタ電子。
太陽光発電という“分散”型電源の普及拡大に貢献し続ける同社の展開に注目だ。

関連記事

アクセスランキング

  1. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  2. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  3. 電力会社が再エネに注力! 重い腰が上がり始めた背景とは(前編)
  4. 大好評「PVビジネスセミナー」9/24(火)に大阪で開催!
  5. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 経産省、「発電側基本料金」の導入へ! 全発電種にkW一律の課金・調整措置の行方は?
  8. 太陽光発電は全量買取から”余剰買取”へ! 工場はさらにメリット大
  9. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説
  10. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.30 / ¥0
2019年7月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース