太陽光発電

ソーラーシェアリングには「追尾式架台」がベスト!

発電量が固定式の1.5倍に!? ソーラーシェアリングとしては国内最大級の規模で、追尾式の太陽光発電システムを設置している、福島県いわき市にある農園「アグリパークいわき」で話を聞いた。

農地に75基の追尾システムが
並ぶ様は、まさに壮観

観光イチゴ農園として運営されている「アグリパークいわき」を訪ねると、目前に広がる風景に誰もが圧倒されるはず。高さ5mの支柱に25枚のパネルが設置された追型太陽光発電システムが、整然と75基並ぶ。季節に合わせて自動で太陽の方角を追尾するため、積算発電量は通常の固定型に比べておよそ1.4倍〜1.5倍。設置した2014年からの3年間、予測通りに発電しているという。

「震災の復興支援でいわき市に寄付された追尾式太陽光発電を、私の経営するトマトの生産法人で設置したのがきっかけでした。そこで発電した電気はハウスで活用していたのですが、その発電量の多さを見て、今度はこのイチゴ農園の敷地で、売電を行うかたちで追尾式太陽光発電システムを設置をすることに決めました」と語るのは、アグリパークいわきの農園主である鯨岡さん。


EARTH JOURNAL vol.05(2017年秋号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 頻繁に変更される未稼働案件ルール、今度は「変更整理表」更新
  2. 小泉元首相も注目の「太陽光発電事業者連盟」が発足、今後の活動は?
  3. 東北電力「出力制御の準備」訴え、来春には再エネ電力が需要の65%に
  4. SUNGROWが新製品2機種を発表! 本誌連載中の飯田氏が基調講演も!
  5. 発電量を最大化するモニタリングシステムとは? 導入企業も多数!
  6. 太陽電池モジュールを巡る、米国における”貿易摩擦”と”輸入制限”
  7. 大手電力会社の「卒FIT」対応は? 転機の2019年を前に第一報が続々!
  8. ソーラービニールハウスも大好評! BSLがパネル架台の可能性を切り拓く
  9. 2019年1月16日開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  10. インドが太陽電池モジュールのセーフガード課税を実施、影響は短期的?

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.27 / ¥0
2018年10月31日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース