太陽光発電

災害時にも対応可!移動型ソーラー充電スタンドとは

大掛かりな設置工事や、商用電源への接続は不要。キャスター付きで簡単に移動でき、スマホや携帯電話の充電に対応したソーラー充電スタンド<LN-CB1AA>がシャープより発売された。

イベントや災害時に重宝する
「移動可能型」ソーラー充電スタンド

シャープ株式会社は、太陽光発電によりスマートフォンや携帯電話を手軽に充電できる「移動可能型」ソーラー充電スタンド<LN-CB1AA>を、2017年12月6日に発売した。

発電システムには、グッドデザイン賞も受賞した、高い変換効率と美しいデザインが魅力の太陽電池モジュール「BLACKSOLAR」を採用。蓄電池を搭載しているため、日照量が少ない日や夜間でも充電可能だ。

設置工事や商用電源への接続が不要で、動作温度は-15℃~40℃と屋内外問わずフレキシブルに対応。同時充電は4台までで、蓄電池が満充電状態の場合120台分の充電ができる。

背面には最大A1サイズのポスターを掲示でき、日没後は自動でLED照明が点灯する仕組みで、イベントはもちろん商業施設や飲食店のテラス席など用途は様々。
万一の災害発生時には地域の避難場所に設置することで、停電時の充電ニーズにも幅広く対応可能だ。

DATA

シャープ株式会社

関連記事

アクセスランキング

  1. 7/24(水)開催! 太陽光の今がわかる「PVビジネスセミナー」
  2. 「FIT制度」の次のステップ「FIP制度」って?
  3. 太陽光発電で火災や感電事故が発生!? 必要な安全対策とは?
  4. 今さら聞けない! 仮想発電所(VPP)とは?
  5. なぜ日本で洋上風力が広まらないのか? 参入における2つの障壁とは
  6. 風車の種類は大きく2種類!? 風力発電入門講座
  7. 太陽光&水蒸気で水素を生成!? ベルギー発の画期的なパネルとは?
  8. JPEA、破損した太陽光パネルを適正処分できる企業一覧を公表
  9. 「ポストFIT」をどう乗り切る? 足元の課題は過積載で解決!(前編)
  10. 「再エネ海域利用法」とは? 新法の狙いと仕組みを解説

フリーマガジン

「SOLAR JOURNAL」

vol.29 / ¥0
2019年4月26日発行

お詫びと訂正

ソーラー電話帳 SOLAR JOURNAL メディアパートナーズ 太陽光業界最新ニュース